ビットコインキャッシュ(BCH)とは?ビットコインとの違いや今後の見通しなどを解説

blank

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)から分裂(ハードフォーク)して生まれた仮想通貨です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの利便性を向上させたいと願った意見派により開発されました。

ビットコインキャッシュがビットコインと異なる大きな違いは、ブロックサイズが大きく、かつスマートコントラクトという技術を導入していること。

大きなブロックサイズにより一度に多くの決済処理ができるため取引スピードが早く、かつスマートコントラクトの実装により仲介コストを削減して取引手数料を下げていることが特徴です。

この記事では、そんなビットコインキャッシュ(BCH)について、以下のポイントに絞って解説します。

  • BCHの基本情報
  • BCHの主な特徴
  • 誕生からこれまでの歴史
  • 取引におすすめの取引所

当記事で、ビットコインキャッシュへの理解を深めていただけたら幸いです。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)という仮想通貨は、ビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生しました。

2017 年、ビットコインの需要は急激に上昇し、送金遅延の多発や取引手数料が高騰。

ビットコインは通貨としての利便性が低下し、ビットコイン開発者内部では利便性向上の開発促進が必要だとするグループが現れました。

これに対し、利便性の向上は安全性の低下につながるとの主張もあり、意見は対立。

こうして利便性の開発促進を主張するグループによって、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから分裂(ハードフォーク)する形で誕生したのです。

それゆえ、ビットコインキャッシュの誕生理念は「需要拡大しても通貨としての利便性が保たれる仮想通貨」

この理念を叶えるべく、ビットコインキャッシュはビットコインよりも大きなブロックサイズで設計されているのです。

ここではまず、ブロックサイズの大きさに代表されるビットコインキャッシュの基本情報を見ていきましょう。

ビットコインキャッシュの基本情報

ビットコインキャッシュ(BCH)の基本情報は以下の通り。

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークした仮想通貨です。

それゆえビットコインキャッシュはビットコインと比較されることが多くあり、ブロックサイズが大きいことが、最大の特徴と言えるでしょう。

項目基本情報
正式名称Bitcoin Cash
シンボルBCH
時価総額約1兆1,000億円で12位 (2021.7.13時点)
発行量約1,800万枚 (2021.7.13時点)
発行上限約2,100万万枚
ブロック生成時間約10分
マイニング量6.25 BCH
承認方式PoW
上場時期2017年8月
中央機関なし
公式サイト公式サイト
公式Twitterなし

以下からはビットコインキャッシュの、特に押さえておいていただきたい基本事項について解説していきます。

ビットコインキャッシュのこれまでの価格変動

ここでは、ビットコインキャッシュ(BCH)のこれまでの価格変動の歴史を説明します。

ビットコインキャッシュの大きな価格変動が見て取れるのは、特に2020年、2021年。

それぞれどのようなことがきっかけだったのか、見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格変動2020

出典:CoinMarketCap

まず、ご覧の通り、2020年の初期に目立った高騰が見て取れます。

2020年4月は、ビットコインキャッシュが半減期を迎えるタイミングでした。

半減期が近くなると多くの買い注文が入るため、仮想通貨の価格は上昇する傾向があります。

ビットコインキャッシュも例外ではなく、大幅な価格上昇となりました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格変動2021

出典:CoinMarketCap

続いて、2021年の5月でも大きく高騰しているのが分かります。

2021年5月は仮想通貨市場の全体が高騰したタイミングでした。

仮想通貨の代表とも言えるビットコインも当然のことながらこのタイミングで大きく高騰し、この時点ですでに主要通貨として世間に広く知られていたビットコインキャッシュも、この波に乗って大幅上昇したものと思われます。

現状の発行量は約1,800万枚

ビットコインキャッシュ(BCH)の発行上限は、約1,800万枚。

一方、ビットコインの発行上限は約2,100万枚です。

ビットコインキャッシュはビットコインと発行上限が近く、流通量の差はほとんどないと言えるでしょう。

マイニング方式はPoW

ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニング方式はPoW(Proof-of-Work)。

PoWとは、コンピューターによる計算から最初に解答を得たユーザーに報酬を与えるマイニング方式で、ビットコインでも使われています。

PoWは、不正な攻撃に強くマイニングの安全性が高いという特徴がある一方、コンピューターのスペックと電気代などのコストが大きくかかるため、環境問題に少なからず悪影響があると言わざるをえないでしょう。

ちなみに、ビットコインキャッシュのブロック生成時間は約10分、マイニング量は6.25BCHとなっています。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴は以下の通りです。

  • ビットコインから分裂した仮想通貨
  • ビットコインの32倍の処理速度
  • 直接取引により取引手数料を削減
  • 決済サービスとして採用
  • 大手取引所の基軸通貨

それでは、一つずつ見ていきましょう。

ビットコインからハードフォークした仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH)は「ビットコインよりも利便性の高い通貨」を目指して、開発されました。

その経緯は下記の通り。

  1. ビットコインの需要が急増し送金速度の低下や手数料が高騰
  2. 利便性を高めるべくブロックサイズ拡張をすべきとの意見派が登場
  3. ブロックサイズ拡張は安全性の低下につながるとの意見派と対立
  4. ブロックサイズ拡張派によりビットコインキャッシュが誕生

ビットコインキャッシュの理念は、このような経緯に基づいているのです。

ビットコインの32倍の処理速度

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインとの違いは、ブロックサイズの違いです。

ビットコインキャッシュのブロックサイズは32MBですが、対するビットコインは1MB。

なんとブロックサイズでは32倍もの差があるのです。

ブロックサイズを大きくすることで、より多くの取引処理ができるようになります。

つまり、送金速度の向上や取引手数料を抑えることにつながると言えるでしょう。

直接取引により手数料削減

ビットコインキャッシュ(BCH)は、スマートコントラクトという技術を実装しているため、更なる取引手数料の削減を行っています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する技術。

つまり、スマートコントラクトを実装することで、当事者間で交わされる契約書の締結など多くの作業が不要になり、事務コストを削減することができます。

したがって、仲介者の介入が必要なく人件コストがカットできる分、ビットコインキャッシュは取引手数料を下げることができるのです。

決済サービスとして採用

中国の決済アプリ大手のWeChatは、ウォレット機能にて送金ができる通貨の一つとしてビットコインキャッシュ(BCH)を採用しました。

一般的に仮想通貨は、決済サービスなどに利用されることで価値が上昇します。

実店舗や実取引での決済に使えるということは、現金や電子マネーと同様の利便性を持つということ。

ビットコインキャッシュの価値が向上していくためには、今後様々な決済サービスに対応していくことも期待要素の一つと言えるでしょう。

大手取引所の基軸通貨

ビットコインを基軸通貨とする取引所は多くありますが、ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨にする大手取引所も急増中です。

ビットコインキャッシュが基軸通貨になるということは、取引をする際にはビットコインキャッシュの保有が必須条件。

それによりビットコインキャッシュには、更なる需要発生が期待できると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュの誕生

ビットコインキャッシュ(BCH)の誕生は、2017年8月。

仮想通貨の取引が世界的に増加し、特に流通量の多かったビットコインの送金速度や決済処理にかかる時間の長さが問題になってきたことがきっかけです。

ビットコインの送金速度・決済処理速度の遅さを改善すべく、ブロックサイズの拡大をすべきと主張するグループが現れました。

これに対しビットコイン開発の中心コミュニティは、ブロックサイズを拡大することは安全性の低下を招くと主張。

双方の意見は折り合うことはなく、ビットコインのブロックサイズ拡張を求めたグループにより、ビットコインから分裂する形でビットコインキャッシュは誕生したのです。

ビットコインキャッシュの歴史

続いて、ビットコインキャッシュ(BCH)のこれまでの歴史について、以下の流れに沿って解説します。

  1. 2017年5月:BTCの理念を巡る争い
  2. 2017年8月:BCH誕生
  3. 2018年5月:更なる利便性の向上へ

順に見ていきましょう。

2017年5月:ビットコインの理念を巡る争い

2017年、仮想通貨市場はバブル期を迎えました。

多くの仮想通貨の価格が大きく上昇し、仮想通貨市場には大量の資金が入ってきました。

これに伴い、仮想通貨で最も流通量の多いビットコインの利用者が急増。

ビットコインの処理能力を大幅に超過する取引量となり、送金時間は大幅に遅延し、取引手数料の高騰が相次ぎました。

この問題に対し、ビットコイン関係者の中で、ビットコインの基幹となるブロックチェーンの「ブロック」自体の容量を大きくすべきと主張する派閥が現れたのです。

ところが、ブロックの拡張は安全性を薄めるとの意見も発生し、二つの意見は対立。

双方の意見は、妥協点に至ることはありませんでした。

2017年8月:ビットコインキャッシュ誕生

「利便性」と「安全性」という相反する理念の対立。

折り合いがつくことのなかった両意見は、ビットコインを分裂させて二つの仮想通貨になること以外に道はありませんでした。

結果、ビットコインのブロックサイズを1MBから8MBへと拡張した通貨として、ビットコインキャッシュ(BCH)は誕生したのです。

ビットコインの送金遅延と手数料の高騰がより顕著になる中、ビットコインキャッシュはビットコインの8倍の処理能力を持ったことで問題を克服し、極めて利便性の高い通貨となったのです。

2018年5月:更なる利便性の向上へ

ビットコインキャッシュ(BCH)が目指すのは、利便性を追求した通貨。

その理想の姿は、人為的な管理を一切必要せず自律的に運営されていく決済手段です。

その実現へ向け、2018年5月、ビットコインキャッシュはブロックサイズを8MBからさらに32MBへと拡張されました。

この拡張により、さらに速度の速い送金と安い手数料の実現へと動き出したのです。

そして同時に、利便性の追求へ向けたもう一つのアップグレードが行われました。

それは、スマートコントラクト技術の導入

スマートコントラクトとは、あらかじめ決められた取引手順にしたがって、第三者の一切の介入なく取引者間だけで自動的に取引が実行される技術です。

スマートコントラクトの導入により、ビットコインキャッシュはビジネスの効率化を促進する通貨として期待され始めました。

ビットコインキャッシュを取引するならこの取引所がオススメ

ここではビットコインキャッシュ(BCH)を取引する上でおすすめの取引所を、現物取引とレバレッジ取引に分けて、それぞれ紹介します。

では見ていきましょう。

現物取引におすすめ取引所

まずは、現物取引におすすめの取引所を紹介します。

国内取引所ならビットフライヤー

ビットコインキャッシュ(BCH)取引おすすめ国内取引所ビットフライヤー

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引におすすめの国内取引所は、ビットフライヤーです。

ビットフライヤーは日本国内において、数多くの大手企業から出資を受けている有名取引所。

そのためビットフライヤーのセキュリティは、世界の仮想通貨取引所の中でもかなり高いスペックを備えています。

ビットフライヤーは非常に安心感がある取引所と言えるでしょう。

また、ビットフライヤーは、取引量・トレーダー数・資本金のいずれにおいても国内トップの規模を誇るだけでなく、アプリも使いやすいため初心者にもおすすめの取引所です。

>>今すぐビットフライヤーで始めたい方はこちら

海外取引所ならBINANCE

ビットコインキャッシュ(BCH)取引おすすめ海外取引所BINANCE(バイナンス)

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引におすすめの海外取引所は、BINANCE(バイナンス) です。

BINANCEでの取引で最も魅力的なのは、手数料の安さです。

BINANCEでは、入手金手数料が無料の上、取引手数料も一律0.1%という安さ。

他の海外取引所の取引手数料は0.2%が多いため、BINANCEの手数料は圧倒的に安いと言えるでしょう。

また、ISOセキュリティ認証を取得し、何重にもなされているセキュリティ対策も魅力。

他の取引所と比較しても安心して取引ができます。

サポートは日本語に非対応であるものの、公式サイトでは日本語表記の解説も増えてきているため、英語が苦手な日本人の方でも大きな抵抗なく取引ができるでしょう。

>>今すぐBINANCEで始めたい方はこちら

レバレッジ取引におすすめ取引所

続いて、レバレッジ取引におすすめの取引所を紹介します。

BINANCE

ビットコインキャッシュ(BCH)レバレッジ取引おすすめ取引所BINANCE(バイナンス)

ビットコインキャッシュ(BCH)のレバレッジ取引においても、おすすめの取引所はBINANCE(バイナンス) です。

ビットコインキャッシュは、BINANCEでは最大レバレッジ75倍で取引ができます。

ハイレバレッジとなると気になるのは、相場の急変動による借金リスク。

しかしBINANCEでは追証がないので、安心してハイレバレッジ取引ができるでしょう。

その他、BINANCEは手数料の安さやセキュリティの強さにも定評があり、総合的に見てもスペックの高い取引所です。

まずはBINANCEから、ビットコインキャッシュのレバレッジ取引を初めてみるのも良いかもしれません。

>>今すぐBINANCEで始めたい方はこちら

ビットコインキャッシュまとめ

以上、ビットコインキャッシュ(BCH)について紹介させていただきました。

ビットコインキャッシュの特徴について改めてまとめると、以下の通りです。

  • ビットコインから分裂した仮想通貨
  • ビットコインの32倍の処理速度
  • 直接取引により取引手数料を削減
  • 決済サービスとして採用
  • 大手取引所の基軸通貨

ビットコインキャッシュは現在もアップデートを定期的に行うことで、通貨としての利便性の向上に余念がありません。

ビットコインキャッシュは、仮想通貨市場がさらに成長するにつれて、その価値がますます上昇していくと言われています。

ぜひ保有を検討してみてはいかがでしょうか。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。