仮想通貨FX(ビットコインFX)を初心者向けに解説

blank

仮想通貨FXとは、仮想通貨を用いて行う証拠金取引のことです。

仮想通貨FX初心者の方は、「仮想通貨FXと為替FXって何が違うの」と感じるかもしれません。

この記事では為替FXとの違いや仮想通貨FXのメリット・デメリット、仮想通貨FXを始めるのにおすすめの取引所を分かりやすく説明していきます。

これから仮想通貨FXを始める方は、是非この記事を参考にしてみてください!

仮想通貨FXとは

先ほど説明したように仮想通貨FXとは仮想通貨を用いて行う証拠金取引のことですが、これは実際に仮想通貨を売買するわけではありません。

元手を担保にして仮想通貨を売買したと仮定してポジションを保有し、それを決済することで差益を得る取引です。

現物取引との大きな違いは実際に仮想通貨を保有するかという点にあります。

また、仮想通貨FXはレバレッジをかけることができるので、元手以上の資金を使って取引をすることが出来ます。
これは仮想通貨FXの魅力の1つとなっています。

この記事では仮想通貨FXの初心者向けに基本的な情報を解説していきます。

レバレッジと証拠金取引を理解しよう

FX取引を行うにあたって重要な「レバレッジ」

レバレッジとは少ない資金で大きな額の取引ができる仕組みのことです。

例えば、手元の資金が10万円だったとします。
その時レバレッジ10倍をかけて取引を行うと100万円分の取引を行うことができます。

仮想通貨FX レバレッジ
このように初心者でも少ない資金から始められるのが大きなポイントです!

しかしレバレッジ10倍の時、得られる利益も10倍となりますが被る損失も10倍となってしまうので、むやみに高倍率で取引するのは注意が必要です。

仮想通貨FXと為替FXは何が違うのか

一番大きな違いは取引する対象が違うという点です。

為替FXでは法定通貨を取引しますが、仮想通貨FXでは仮想通貨を取引します。

またこの他の違いとして挙げられるうちの1つがボラティリティの違いです。
為替FXよりも仮想通貨FXの方がボラティリティが大きいため、仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターンの取引であるといえます。
価格が上がりやすく利益が出しやすい反面、価格が下がりやすくもあるため損失が大きくなってしまうからです。

他にも仮想通貨FXと為替FXの違いについて表にまとめてみました。

取引の種類取引対象最大レバレッジ取引手数料
国内FX法定通貨25倍スプレッド(狭い)
海外FX法定通貨3000倍スプレッド(広い)
仮想通貨FX(国内)仮想通貨


2倍スプレッド
Maker/Taker方式
レバレッジ取引手数料
仮想通貨FX(海外)仮想通貨


888倍スプレッド
Maker/Taker方式
レバレッジ取引手数料

表からわかるように、最大レバレッジは仮想通貨FXの方が比較的低めに設定されています。これは仮想通貨FXのボラティリティが大きいからです。

また手数料も為替FXの時にはなかったMaker/Takerなどが加わっています。

仮想通貨FXと現物取引の違いはなに?

仮想通貨の現物取引は実際に仮想通貨を購入したり売却したりする取引です。
現物取引を行う際には、前提として仮想通貨を保有している必要があります。
現物取引では、手元にある資金以上の仮想通貨を購入できないことが特徴の1つです。

一方仮想通貨FXは実物の仮想通貨を保有しません。
仮想通貨を保有したと仮定して取引を行います。そのため実物の仮想通貨であったら可能である送金や決済は出来ません。

また、仮想通貨FXの特徴としてボラティリティが大きい・レバレッジをかけられることが挙げられます。
その2点を掛け合わせることで大きな利益を狙えるのです。

うまく波に乗れば資金効率の良い取引が可能ですが、反対に進めば損失も大きくなってきます。

仮想通貨FXは現物取引と比べてハイリスク・ハイリターンな取引ですので気を付けましょう。

そして仮想通貨FXのもう一つの特徴はショート(空売り)が可能な点です。

ショート(空売り)とは、先に売って後で買い戻す取引のことで、高く売って安く買うことで利益を出します。

仮想通貨 ショート

初心者にはショートは慣れないことだと思うので、コツを掴んでからしてみるといいですね。

仮想通貨FXのメリットとは

続いて、仮想通貨FXのメリットを説明していきます。

現物取引、為替FXと比較したときの仮想通貨FXのメリットを6つ解説していきます。

現物取引と比べたときのメリット

現物取引と比べた時の仮想通貨FXのメリットは以下の3つです。

メリット

・さらに大きな利益を狙える
・少額の資金でも楽しめる
・下降相場でも利益を狙える

それでは1つ目のメリットから見ていきましょう。

仮想通貨で狙える利益をさらに大きくできる

仮想通貨FXでは現物取引にはないレバレッジをかけられます。
また、ボラティリティが大きいのも仮想通貨FXの特徴です。

これら2つの相乗効果によって、仮想通貨FXで狙える利益は初心者でもとても大きいものとなります。

しかし、利益が大きくでる一方で損失も大きくなるため注意が必要です。

資金が少なくても仮想通貨取引を楽しめる

現物取引では手元の資金でしか取引が出来ないため、取引できる額には限りがあります。

例えば、1BTC(ビットコイン)を10万円で購入し、11万円で売却しても1万円の儲けしかありません。
しかし、仮想通貨FXで10倍のレバレッジをかけて1万円で1BTCを購入し11万円で売却すると10万円の儲けが発生します。

このように少ない資金でも大きな利益が狙えるため取引を楽しめるでしょう。

しかし何度も言うようですが、利益が大きい分損失も大きくなる可能性があるためレバレッジをかける時は気を付けましょう。

仮想通貨FX初心者の方は、低いレバレッジ・レバレッジをかけないことから始めてみるのがおすすめです。

下降相場でも利益が狙える

先ほども述べたように、仮想通貨FXではショート(空売り)が可能なため下降相場でも利益を狙うことが出来ます。

仮想通貨FXは仮想通貨を持つことを仮定して行う取引であるため、手元に現物を持ちません。そのためショートが出来るのです。

例えば、保有していない1BTCを100万円で売る注文を行い、その後1BTCが90万円になった時に買う注文を行えば10万円の儲けがでることになります。

このように下降相場の時でも利益を得ることが出来るのは大きな利点ですよね。

為替FXと比べたときのメリット

為替FXと比べると、仮想通貨FXには次の3つのメリットがあります。

メリット

・相場変動ゆえに大きな利益を出しやすい
・より短時間でのトレードに向く
・24時間365日いつでもトレードができる

それでは1つずつ見ていきましょう。

相場変動が激しいので、大きな利益を出しやすい

為替FXが取引対象としている法定通貨は値動きがあまり大きくありませんが、仮想通貨は値動きが大きいのが特徴です。

1日で10UDS・20USDほど動くことが当たり前の仮想通貨FXでは、初心者の方でも大きな利益を出すことが可能となります。

加えて、仮想通貨FXの魅力であるレバレッジをかけることでより一層利益を出すことが出来るのです。

しかし何度も言うようですが、失敗すると損失もかさむので慎重な取引が重要です。

より短時間でのトレードに向いている

為替FXと比べ、仮想通貨FXはより短時間でのトレードに向いています。

なぜなら仮想通貨FXは短時間で大きな値動きをするため、時間が立たなくても一定以上の額が動くからです。

よって、より短時間で損益が決定します。

短時間で損益がでるため初心者の方は何回も取引をしてしまいがちです。

しかし冷静に状況を判断し、確実に利益が出るポイントを見極めるように心がけましょう。

24時間365日いつでもトレードできる

為替FXは平日しか取引が出来ませんが、仮想通貨FXでは24時間365日取引することが出来ます。

スマホアプリからでも利用できるため、簡単に取引を行うことが可能ですよ。

「平日は忙しくて時間が取れないな、、、」そんな方にもおすすめです。

仮想通貨FXのデメリットや注意点は?

これまで説明したように魅力的な点も多い仮想通貨FXですが、もちろんデメリットや注意点もあります。

ここでは以下の5つのデメリット・注意点を説明していきます。

デメリット

・ロスカットの存在
・借金の恐れ
・為替FXよりも難しい資金管理
・放置やホールドが不可
・海外取引所を利用する場合、入金手続きがやや複雑

それでは1つ目から見ていきましょう。

ロスカットがある

ロスカットとは、損失が一定以上発生した時に強制的に取引が終了となる仕組みです。

含み損が大きくなればなるほど証拠金維持率が下がり、トレーダーの損失を食い止めるために自動的にロスカットされます。

仮想通貨FXは為替FXよりも値動きが大きいため、為替FX経験者であってもロスカットには注意が必要です。
レバレッジ倍率が高いほどわずかな価格の変動でロスカットが起こる可能性があるため、高倍率での取引は慎重に行いましょう

特に初心者の方は、予想以上にすぐにロスカットに合うと思っておいてください。

ロスカットの水準は取引所によって異なるため確認が必要です。

以下は一部の取引所のロスカット水準の例です。

取引所名ロスカット水準
GMOコイン75%
bitFlyer50%
DMM Bitcoin50%
Binanceポジションによって変化する

また取引所のサーバーエラーなどで、ロスカットがうまく発動されないケースがあります。
その場合借金を負うことになるため、ロスカット基準を気にしながら取引を行ってください。

借金のリスクは0ではない

「FXで借金を負ってしまった」
このような話を聞いたことがあるかもしれません。

これは追証と呼ばれるものです。
追証とは、口座残高では補えない損失が発生した時に、支払えなかった分を追加で支払う仕組みのことです。

この追加で支払う金額が借金となります。
ただし、多くの海外取引所では追証がありません。
ゼロカットシステムを採用しているためです。

証拠金を超える損失は発生しませんが、もちろん自分にとっては大きな損失となってしまうので、資金に余裕をもって取引を行いましょう。

為替FXよりも資金管理が難しい

何回も同じことを繰り返すようですが、仮想通貨FXは相場変動がとても激しいです。
本当に気を付けていないと大損してしまうリスクがあります。

そんな時に使えるのが指値注文です。

指値注文とは、買う値段もしくは売る値段を指定して注文する方法です。
指値注文では相場が動いてその値段に達したときに自動的に取引をしてくれるので、常にチャートを見る必要がありません。

値動きが激しい仮想通貨FXでは指値注文が重要となってきます。

現物取引と違って、放置やホールドができない

仮想通貨FXでは、ロスカットがあるため、バイアンドホールドができません。

「買ったまま保有し続けたい」
そんな人には現物取引がおすすめです。

海外取引所を使う場合、入金手続きがやや複雑

海外取引所を使って仮想通貨FXを行う場合の手順は以下の通りです。

仮想通貨FXの手順

国内で仮想通貨を購入

国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金

取引開始

いったん国内で仮想通貨を購入してから海外取引所に送金する必要があるため少し面倒に感じますよね。

「Binance」のように一部取引所では、日本円を直接海外へ入金することも可能です。

しかし日本円を直接入金すると多額の手数料が取られてしまいます。

少し手間はかかりますが、仮想通貨を入金するほうがおすすめです。

初心者にオススメの国内取引所はここ

レバレッジ取引をしたい仮想通貨FX 初心者の方には、「GMOコイン」がおすすめです。

初心者にオススメの国内取引所「GMOコイン」

GMOコインは東証一部上場企業である「GMOインターネット」が運営する取引所です。
安全性も高く世間的に知名度の高い企業でもあります。

GMOコインの基本情報は以下の通りです。

運営会社GMOコイン株式会社
設立日2016年10月
取り扱い通貨8種類
最大レバレッジ4倍
スマホアプリあり
取引手数料無料

最も人気のある仮想通貨であるビットコインを始め、8種類の仮想通貨FXに対応しています。

また独自のスマホアプリ「ビットレ君」の利用により、スマホのみで仮想通貨FXが可能なので、初心者の方にも始めやすいです。

「GMOコイン」は電話でのカスタマーサポートにも対応しており、0.0001BTCという少額からの投資が可能などといったメリットを持っています。

しかし、買い規制・売り規制が入る場合があったり追証が存在するといったデメリットもあります。

一方レバレッジ取引なしで、現物取引のみをしたい仮想通貨FX初心者の方には、「bitFlyer(ビットフライヤー)」をおすすめします。

現物取引のみをしたい方にはbitFlyer(ビットフライヤー)がオススメ

「bitFlyer」はトレーダー数・取引量・資本金いずれもが国内1位の仮想通貨取引所です。
加えて「bitFlyer」のセキュリティは世界でもトップクラスの高さで、国内の主要メガバンク等が出資しているので、安心です。

仮想通貨FXが初心者の方でも使いやすいアプリもあるので、取引が簡単でおすすめの取引所です。

初心者にオススメの海外取引所は「Binance」

仮想通貨FX 初心者にオススメの海外取引所は、『世界一の取扱所』である「Binance(バイナンス)」です。

初心者にオススメの海外取引所は「Binance」

公式サイトが英語であることが欠点ですが、「Binance」は日本でも知名度が高く、人気があります。

そのため仮想通貨FX 初心者の方でも、検索すると日本語で情報を得やすいでしょう。

ただしカスタマーサービスは日本語に対応しておらず、英語対応であることが留意点です。

「Binance」のスペックは、下記の表でご確認ください。

Binanceのスペック
レバレッジ最大125倍
追証なし
取扱手数料◆現物取引
メイカー手数料:~0.1%
テイカー手数料:~0.1%
◆先物取引
メイカー手数料:~0.02%
テイカー手数料:~0.04%
日本語対応△(カスタマー対応が英語のみ)
セキュリティ非常に安全
独自トークンBNB(バイナンスコイン)
取り扱う仮想通貨非常に豊富
(世界に流通している仮想通貨のほとんど)
仮想通貨の取引高世界一
アプリ使いやすい

「Binance」はレバレッジ125倍に対応しており、追証がないので借金のリスクがありません。

「Binance」の取引手数料は0.1%なので、0.2%前後が多い他の取引所と比較すると安さが魅力です。

加えて「BNB」(バイナンスコイン)と呼ばれる「Binance」独自のトークンを用いると、トレーダーの取引年数に応じて、さらに手数料が安くなります。

なんと5年以上BNBを利用していると手数料が無料なので、トレーダーにとってはとても助かるでしょう。

1年目でも手数料が半額の0.05%なので、仮想通貨FX 初心者の方もぜひBNBを活用しましょう。

また「Binance」は豊富な種類の仮想通貨の取り扱っており、ビットコインを含めて仮想通貨の取引高が世界一です。

従って、「Binance」は『世界一の取引所』の異名を持っています。

仮想通貨FXの初心者にも扱いやすい銘柄が多い点も、「Binance」の特色です。

メリットだらけで魅力的な取引所である「Binance」ですが、注文をしにくい点がデメリットです。

あまりにもトレーダー数が多いため、一斉にネットワークに接続すると動作が遅くなり、うまく注文ができません。

とはいえ、「Binance」はスペックもセキュリティも高い取扱所であるので、仮想通貨FXの初心者の方にもとてもおすすめです。

仮想通貨FXを行う際はぜひ「Binance」を利用してみてください。

併せて読みたい

Binance(バイナンス)はユーザー数1000万人以上を誇る世界最大級の仮想通貨の海外取引所です。 Binance(バイナンス)は2017年中国でサービスを開始した取引所で、現在海外取引所の出来高ランキングで一位。 Binance(バ[…]

blank

仮想通貨FX初心者まとめ

以上、仮想通貨FX初心者の方に向けて仮想通貨FXの基本となる情報を説明してきました。

仮想通貨FXの魅力は少ない資金でも大きな金額の取引が出来ることです。
また為替FXと違い、24時間365日取引できることも大きな魅力でした。

しかし仮想通貨FXにはデメリットや注意点も多くあるので、初心者の方はしっかりとこの記事を読み込んで、仮想通貨FXの知識を得てから取引を始めてみてください。

無理のない範囲で行い、仮想通貨FXを楽しんでくださいね。

また、海外取引所を利用した仮想通貨FXをしたい方はあらかじめ日本の取引所で口座開設をしておくと便利です。

仮想通貨FXの初心者の方も、まず日本の取引所で口座開設をしておきましょう。

併せて読みたい

「為替FXや株の取引は知っているけど、仮想通貨FXについては実は知らない…」 「仮想通貨FXに興味はあるけど、為替FXや株取引との違いがわからない…」 そんな方も多いのではないでしょうか? 仮想通貨FXは為替FXや株取引と[…]

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?為替FXとの違いも解説

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。