仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引(FX)の違いを解説

「仮想通貨の現物取引について知りたいな。」

「仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引はどんな違いがあるの?」

「それぞれの特徴や違いを理解して取引していきたいな。」
この記事は、上記のようなお悩みをお持ちの方に向けたものです。

仮想通貨取引をするのであれば、取引方法について理解しておかなければなりません。

現物取引とレバレッジ取引にはそれぞれ特徴があり、うまく使い分けることで、あなたの仮想通貨取引を手助けしてくれるからです。

この記事では、仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の特徴と違いについて紹介していきます。

仮想通貨の現物取引とは

仮想通貨の現物取引とは、現物である仮想通貨を購入し保有するまたは、保有する仮想通貨を売却し手放す取引のことです。

そんな現物取引には、主に3つの特徴があります。

  • 取引の初めは「買い」からしか入れない
  • 手元の資金でしか取引ができない
  • 投資だけでなく、送金手段・支払いとしても利用できる

現物取引では、仮想通貨の現物を扱うわけなので、売りから入ることはできず、必ず買いから入らなければなりません。

また、手元の資金でしか取引ができないので、仮に損失が出たとしても手元の資金以上になることもありません。

さらに、仮想通貨といえば投資をイメージする方が多いかと思いますが、現物取引で得た仮想通貨は、通貨として送金手段・支配いなどにも利用できます。

現物取引をするなら「取引所」を使う

仮想通貨の取引をする方法は、以下の2種類があります。

  • 販売所:仮想通貨の取引所と取引をする方法
  • 取引所:投資家同士で仮想通貨の取引をする方法

販売所での取引は、提示価格ですぐに取引ができる一方で、取引のたびに手数料が掛かるデメリットがあります。

それに対し取引所は、自身の注文に対し、反対注文が入ることで取引が成立するので、場合によっては時間が掛かるデメリットがあります。

しかし、取引所は、販売所と比べると手数料が少ないので、無駄なコストを抑えて取引ができるのです。

また、投資家同士での取引と聞くと、トラブルにならないか心配かと思いますが、実際は両者の間を取引所が仲介するので、安全に取引ができます。

取引毎に手数料が発生していては、せっかくの利益が減少してしまうので、取引所を利用する方が良いかと思います。

以上が仮想通貨の現物取引についての解説です。続けて仮想通貨のレバレッジ取引について紹介していきます。

仮想通貨のレバレッジ取引とは

仮想通貨のレバレッジ取引とは、預けた証拠金を担保に何十倍もの資金を動かす事です。

そんな仮想通貨のレバレッジ取引には、主に4つの特徴があります。

  • 「買い」だけでなく「売り」から入ることもできる
  • ポジションを持っていると手数料が掛かる
  • レバレッジ倍率は国内業者が4倍、海外では100倍以上
  • 「証拠金維持率」が一定水準を下回ると「ロスカット」される

レバレッジ取引の魅力はなんといっても、資金効率が良く、「売り」からも入る事ができるので、多くのチャンスでハイリターンが狙えること。

また、レバレッジ倍率は仮想通貨取引所によって異なり、海外では証拠金に対して100倍以上ものレバレッジを掛けられる取引所もあります。

仮に証拠金が10万円だとしても、レバレッジ100倍を掛けることで、100万円分の取引ができるので、少ない資金から大きな利益を狙う事ができます。

ただし、仮にレバレッジを掛けた状態で損失がでた場合には、当然その損失も大きくなります。

仮想通貨のレバレッジ取引では、この損失が大きくなりすぎないように、一定水準まで損益が膨らむと強制的にポジションを決済する「ロスカット」があリます。

とはいえ、仮想通貨は値動きの激しい商品なので、急激な値動きにロスカットが対応できないことがあるので注意が必要です。

以上が仮想通貨のレバレッジ取引 いついての解説です。
続いて現物取引とレバレッジ取引の違いを紹介していきます。

現物取引とレバレッジ取引の違い

現物取引とレバレッジ取引の違いは、以下の通りです。

項目現物取引レバレッジ取引
送金・決済に使えるかどうか×
売りから入る事ができるか×
資金効率の良さ
ロスカットの有無×
スワップポイントの有無×
手数料の違い主に3つの手数料主に5つの手数料

送金・決済に使えるかどうか

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い1つ目は、送金・決済に使えるかどうかです。

現物取引によって得た仮想通貨は、日本円のように送金や決済に利用する事ができます。

それに対し、レバレッジ取引で得た仮想通貨は、証拠金を担保に運用することを許されているだけなので、送金や決済に利用することはできません。

そのため、投資目的以外での利用を検討される方は、現物取引が良いでしょう。

下降相場で利益が狙えるか

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い2つ目は、仮想通貨を所有しない状態でも下降相場で利益が狙えるかです。

仮想通貨の現物取引の場合、手元に仮想通貨がなければ、当然売る通貨がないので、下降相場で利益を狙うことはできません。

対して、レバレッジ取引は、手元に仮想通貨がなかったとしても、売りから入る事ができるので、下降相場で利益を狙う事ができます。

レバレッジ相場は、上昇・下降相場の両方を狙う事ができる取引なので、チャンスが多い取引と言えます。

資金効率の良さ

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い3つ目は、資金効率の良さです。

仮想通貨の現物取引の場合、手元資金の範囲内でしか取引ができないので、資金効率が良いとは言えません。

とは言え、仮に損失が出たとしても、手元資金内ですむので、初心者の方は現物取引で経験を積むのが良いかと思います。

しかし、レバレッジ取引では、レバレッジを掛ける事で証拠金以上の資金を動かすことができるので、資金効率は格段に上がります。

また、少ない資金で多いな利益を狙える一方で、損失になった場合にも大きな損失になりかねないので注意してください。

ロスカットの有無

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い4つ目は、ロスカットの有無です。

現物取引は、手元資金以上の損失にならないのでロスカットは無く、損失が大きくなる可能性があるレバレッジ取引には、ロスカットが有ります。

そもそもロスカットは、損失の膨らみを防止するための処置なので、現物取引には用いられないのです。

また、損失が出ないからといって、高倍率のレバレッジ取引は禁物ですよ。

ロスカットは、万能ではないので急激な値動きに対応できない事があるからです。

現物取引・レバレッジ取引ともに、資金管理が重要なので無理のない取引を心掛けましょう。

スワップポイントの有無

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い5つ目は、スワップポイントの有無です。

スワップポイントとは、外国為替取引(FX)における両国通貨の金利差によって発生する利益(損益)です。

仮想通貨には、そもそも金利がないので、現物取引・レバレッジ取引ともにスワップポイントが発生することはありません。

かかる手数料が違うことも

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い6つ目は、かかる手数料の違いです。

現物取引とレバレッジ取引問わず、仮想通貨取引で掛かる手数料は以下の2つになります。

  • 法定通貨と仮想通貨の入出金手数料
  • 口座管理手数料

これに加え、仮想通貨の現物取引で発生する手数料は、「販売所」もしくは「取引所」を利用して通貨を購入(売買)する際に掛かる手数料があります。

現物取引の手数料は、仮想通貨取引の際に掛かるだけなので、比較的コストを抑えた取引が可能です。

それに対し、レバレッジ取引では、以下3つの手数料が掛かります。

  • レバレッジ手数料:ポジションの保有で1日ごとに発生
  • スプレッド:仮想通貨の買値と売値の差額
  • ロスカット手数料:ロスカットが起きた時に掛かる手数料

レバレッジ取引は、資金効率が良いものの、レバレッジ手数料のように毎日発生する手数料があるので、長期間ポジションを持つ場合には、コストが大きくなってしまいます。

そのため、レバレッジ取引は短期取引で効率よく利益を狙うのがおすすめです。

以上が、現物取引とレバレッジ取引の違いになります。

まとめ

この記事では、仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の特徴と違いについて紹介してきました。

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引では、その特徴が大きく異なることをお分かり頂けたかと思います。

どちらが良くてどちらが悪いというものでもないので、両方の取引をうまく使い分けられるようになっていきましょう。

合わせて読みたい

「仮想通貨にもレバレッジをかけて取引したい」 そんなニーズを満たすべく、国内・海外問わず仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引ができる取引所がたくさんあります。 日本国内での仮想通貨FXの最大レバレッジは4倍(2021年5月か[…]

blank

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。