イーサリアムクラシック(ETC)とは?イーサリアムとの違いや今後の見通しなどを解説

blank

イーサリアムクラシック(ETC)という仮想通貨は、ある事件によってイーサリアム(ETH)から分裂(ハードフォーク)したことによって誕生しました。

イーサリアムクラシックがイーサリアムと異なる点は、「発行上限」と「減少期」があること。

発行上限と減少期があることで、イーサリアムクラシックは希少性と価値が高まり、将来に渡って価格が上昇しやすい設計になっていることが特徴です。

この記事では、そんなイーサリアムクラシックについて、以下のポイントに絞って解説します。

  • ETCの基本情報
  • ETCの主な特徴
  • 誕生からこれまでの歴史
  • 取引におすすめの取引所

当記事で、イーサリアムクラシックへの理解を深めていただけたら幸いです。

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアム(ETH)プラットフォーム上で、あるハッキング事件が起きたことによりイーサリアムクラシック(ETC)は誕生しました。

イーサリアムの中心コミュニティは、起きてしまったハッキングに対し記録をリセット。

このリセット行為に対して「外部からの人為的介入はイーサリアム本来の理念に反する」という意見の者たちによって、イーサリアムクラシックは開発されたのです。

それゆえ、イーサリアムクラシックの誕生理念は「中央集権からの介入が一切なく自立運営されていく通貨」

その実現のため、イーサリアムクラシックには発行上限が設定され、減少期が存在しています。

ここではまず、上記2つに代表されるイーサリアムクラシックの基本情報を見ていきましょう。

イーサリアムクラシックの基本情報

イーサリアムクラシック(ETC)の基本情報は以下の通り。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムからハードフォークした仮想通貨です。

それゆえイーサリアムクラシックはイーサリアムと比較されることが多くあり、発行上限が定められていること、及び減少期が存在することが特徴と言えるでしょう。

項目基本情報
正式名称Ethereum Classic
シンボルETC
時価総額約7,060億円で19位 (2021.7.13時点)
発行量約1億1,000 ETC (2021.7.13時点)
発行上限約2億1,000万枚
ブロック生成時間14.4秒
承認方式PoW
上場時期2016 年 7 月
中央機関なし
公式サイト公式サイト
公式Twitter公式Twitter

以下からはイーサリアムクラシックの、特に押さえておいていただきたい基本事項について解説していきます。

イーサリアムクラシックのこれまでの価格変動

ここでは、イーサリアムクラシック(ETC)のこれまでの価格変動の歴史を説明します。

イーサリアムクラシックの大きな価格変動が見て取れるのは、特に2017年、2018年、2021年。

それぞれどのようなことがきっかけだったのか、見ていきましょう。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格変動2017.2018

出典:CoinMarketCap

まず、ご覧の通り、2017年6月に1度、次に2018年の1月から倍近く高騰しています。

2017年6月と2018年1月、仮想通貨ブームとともに価格上昇したイーサリアム(ETH)とともに、イーサリアムクラシックは価格を跳ね上げました。

イーサリアムのハードフォークであるイーサリアムクラシックは、イーサリアムに連動した価格変動を起こす傾向なのかも知れません。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格変動2021

出典:CoinMarketCap

そして、2021年5月でも大きく高騰しているのが分かります。

2021年5月の仮想通貨市場は、バブルと呼ばれるほどの高騰ぶりでした。

イーサリアムクラシックもこのタイミングで高騰したということは、すでに主要な仮想通貨としての立場にあることを世間一般に広く認知されている証。

したがって今後も、また仮想通貨全体の高騰によりイーサリアムクラシックも価格上昇の可能性があると考えて良いのかも知れません。

現状の発行量は約1億1,000万枚

イーサリアムクラシック(ETC)には発行上限があり、その数は約2億1,000万枚。

一方、イーサリアムには発行上限はありません

発行上限があることにより、イーサリアムクラシックは有限資産となり、需要と供給の状況によっては価格上昇が起きやすくなるように設計されています。

マイニング方式はPoW

イーサリアムクラシック(ETC)のマイニング方式はPoW(Proof-of-Work)。

PoWはよく知られたコンセンサスアルゴリズムで、コンピューターによる計算から最初に解答を得たユーザーに報酬を与えるマイニング方式です。

また、イーサリアムクラシックのブロック生成時間は14.4秒となっています。

ちなみに、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムも同様にPoWですが、こちらは近々PoS(Proof-of-Stake)へ移行していくでしょう。

というのも、PoWの欠点は、過剰な電力消費により地球温暖化の促進につながること。

イーサリアムでは、温暖化促進を避けるためにPoSの導入が検討されたのかもしれません。

これがあるから人気!イーサリアムクラシックの5つの特徴

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴は以下の通りです。

  • 理念は完全なる非中央集権性
  • 発行上限を設けて価格低下を防止
  • さらに減少期で価格上昇を促進
  • 送金遅延対策の開発が進む
  • IoT分野との親和性が高い

それでは、一つずつ見ていきましょう。

理念は完全なる非中央集権性

イーサリアムクラシック(ETC)は「中央集権的な介入が全くない通貨」を目指して、開発されました。

その経緯は下記の通り。

  1. イーサリアムのベンチャー支援プロジェクトがハッキング被害に遭遇。
  2. 被害をなかったことにする対応が採用された。
  3. 対応に不満を持った勢力は、本来のイーサリアムの理念である「中央集権的な介入が全くない」通貨として、イーサリアムクラシックを開発。

イーサリアムクラシックの理念は、このような経緯に基づいているのです。

発行上限を設けて価格低下を防止

イーサリアムクラッシック(ETC)のイーサリアム(ETH)との大きな違いの一つは、発行上限があること。

イーサリアムには発行上限自体が存在しないのに対し、イーサリアムクラッシックには、2億1000万枚という発行上限が設定されています。

発行上限が設定されている仮想通貨は、需要が大幅に増加しなくても希少価値があるため、価格が下がりにくいと言われています。

発行上限の存在は、イーサリアムクラシック一枚一枚の価値が極端に低下することに対する防止策になっているのです。

さらに減少期で価格上昇を促進

イーサリアムクラシック(ETC)には、ビットコインのように半減期はありませんが、減少期というものが存在します。

イーサリアムクラシックの減少期とは、500万ブロックが生成されるごとにマイニング報酬が20%減少する仕組み。

イーサリアムクラシックの減少期は、ビットコインのような半減期と比べて発行数が減っていく率は異なりますが、仕組みは同様と言えるでしょう。

したがって減少期が近くなると、半減期と同様に、コインの価格上昇が期待できるのです。

送金遅延対策の開発が進む

イーサリアムなどのメジャー通貨の難点は、その流通量の多さから送金遅延が起きやすいこと。

しかしイーサリアムクラシック(ETC)では、この問題を解消するサイドチェーンという技術を導入しています。

サイドチェーンとは、主となるブロックチェーンとは別にあるもう一本のブロックチェーンで決済処理をする技術です。

イーサリアムクラシックは、このサイドチェーンにより大幅な送金スピードの向上が図られており、機能拡張やスケーラビリティ問題も解消されている通貨と言えるでしょう。

IoT分野との親和性が高い

イーサリアムクラシック(ETC)は性質的にIoT分野と親和性が高いと言われています。

IoT(Internet of Things)とは、モノとモノをインターネットでつなぎ生活の利便性を高めることができる、近年注目されている技術。

この技術を開発する上で欠かせないのは、プライバシーの保護や記録の正当性の確保です。

イーサリアムクラシックは、徹底した分散管理や価値記録の保護に重点を置いて作られているため、IoT分野での決済手段として汎用化されていくことが期待されている。

イーサリアムクラシックはどうやって誕生したのか

イーサリアムクラシック(ETC)の誕生は、2016年。

イーサリアムのベンチャー支援プロジェクト「THE DAO」がハッキング被害を受け、50億円相当のイーサリアムが盗み出されたことが発端です。

イーサリアムの中心コミュニティは、ハッキング被害をなかったことにする対応を採用。

中心コミュニティの対応に不満を持った勢力は、本来のイーサリアムの理念である「中央集権的な介入が全くない」通貨の開発を試みました。

そこで誕生したのが、イーサリアムクラシックなのです。

これまでのイーサリアムクラシックの歴史

続いて、イーサリアムクラシックのこれまでの歴史について、以下の流れに沿って解説します。

  1. 2016年6月:THE DAO事件
  2. 2016年7月:ETC誕生
  3. 2020年8月:51%攻撃の被害

順に見ていきましょう。

2016年6月:THE DAO事件

THE DAOとは、イーサリアム上で展開されたプロジェクトです。

THE DAO事件とは、このTHE DAOがシステムの脆弱性を突かれる形で約50億円を盗まれた事件。

この事件に対し、記録を巻き戻してハッキング被害の記録を消し、そもそも無かったことにする意見(ロールバック)と、ハッキング被害の記録をそのまま残す意見の2つに別れました。

そして、最終的に行われた対応策はロールバック。

この時のハッキング被害はなかったことにされたのです。

2016年7月:ETC 誕生

ハッキング被害の記録をそのまま残す意見だったコミュニティは、ロールバックに対して反発。

この反発側のコミュニティは、イーサリアムの本来理念は「コードが法である(Code is law.)」と主張しました。

つまり、中央集権的な介入は一切するべきではないということです。

そこで、この反発側のコミュニティにより開発されたのが、イーサリアムクラシック(ETC)。

イーサリアムクラシックの理念が、完全なる非中央集権的な通貨を目指す通貨であるというのは、こうした経緯によるものなのです。

2020年8月:51%攻撃の被害

イーサリアムクラシック(ETC)はセキュリティ上の問題により、「51%攻撃」なるハッキング被害を受けた経緯があります。

51%攻撃とは、ブロックチェーン全体の採掘速度の半分以上が何者かに支配され、不正取引が行われることです。

ある一人の者がブロックチェーン全体の採掘速度の過半数を支配すると、下記の3つを可能にしてしまいます。

  • 不正取引を正当化すること
  • 正当取引を拒絶すること
  • 採掘を独占すること

現在、51%攻撃に対する防止策は存在しません。

イーサリアムクラシックは、51%攻撃を2020年8月に3度にわたって受けました。

大きな被害額では無かったものの、仮想通貨の本来の意義は不正行為に対して強いこと。

イーサリアムクラシックは、それが脅かされたことで、長期に保有することに対する不安を残してしまったと言わざるを得ないでしょう。

イーサリアムクラシックを取引するならこの取引所がオススメ

ここではイーサリアムクラシック(ETC)を取引する上でおすすめの取引所を、現物取引とレバレッジ取引に分けて、それぞれ紹介します。

では見ていきましょう。

現物取引におすすめ取引所

まずは、現物取引におすすめの取引所を紹介します。

国内取引所ならビットフライヤー

イーサリアムクラシック(ETC)取引おすすめ国内取引所BINANCE(バイナンス)

イーサリアムクラシック(ETC)の取引におすすめの国内取引所は、ビットフライヤーです。

ビットフライヤーは、取引量・トレーダー数・資本金のいずれにおいても国内1位の仮想通貨取引所。

ビットフライヤーは国内の大手金融機関などから出資を受けています。

そのため、ビットフライヤーはセキュリティの充実度では世界の取引所の中でもトップクラスで、非常に安心感がある取引所と言えるでしょう。

アプリも使いやすく初心者でも抵抗なく簡単に始めることができるため、おすすめの取引所です。

>>今すぐビットフライヤーで始めたい方はこちら

海外取引所ならBINANCE

イーサリアムクラシック(ETC)取引おすすめ海外取引所BINANCE(バイナンス)

イーサリアムクラシック(ETC)の取引におすすめの海外取引所は、BINANCE(バイナンス) です。

BINANCEの一番の魅力は、やはり何といっても手数料コストの安さ

BINANCEの取引手数料は一律0.1%と、他の海外取引所と比較しての安さが目を引きます(海外取引所は0.2%前後が多い)。

加えて、BINANCEは取り扱う仮想通貨の数も豊富で、多彩な通貨ペアを組めることも魅力。

仮想通貨の初心者にとって扱いやすい銘柄が多いのも特徴です。

公式サイトが英語であり顧客サポートも日本語非対応ですが、日本でも知名度が高く人気もあるため、日本語で解説した情報を得ることは難しくなく安心して取引できると言えるでしょう。

>>今すぐBINANCEで始めたい方はこちら

レバレッジ取引におすすめ取引所

続いて、レバレッジ取引におすすめの取引所を紹介します。

BINANCE

イーサリアムクラシック(ETC)レバレッジ取引おすすめ取引所BINANCE(バイナンス)

イーサリアムクラシック(ETC)のレバレッジ取引においても、おすすめの取引所はBINANCE(バイナンス) です。

イーサリアムクラシックのレバレッジ取引において、BINANCEでの最大レバレッジは75倍

BINANCEでは追証もないため、例えハイレバレッジでも借金のリスクを恐れる必要はありません。

一方で、BINANCEは大人気取引所のためトレーダー数が多く、ネットワークへの一斉接続が起こると動作が遅くなるというデメリットも。

そうなってしまうと、注文がスムーズにいかないこともごくたまにあります。

とはいうものの、BINANCEはレバレッジの高さだけでなくセキュリティの高さも評価されてますので、レバレッジ取引が初心者の方にもおすすめと言えるでしょう。

レバレッジ取引をしてみたい方は、BINANCEから利用してみてはいかがでしょうか?

>>今すぐBINANCEで始めたい方はこちら

イーサリアムクラシックまとめ

以上、イーサリアムクラシック(ETC)について紹介させていただきました。

イーサリアムクラシックの特徴について改めてまとめると、以下の通りです。

  • 理念は完全なる非中央集権性
  • 発行上限を設けて価格低下を防止
  • さらに減少期で価格上昇を促進
  • 送金遅延対策の開発が進む
  • IoT分野との親和性が高い

全ての仮想通貨にとっての本来理念は、全く人為的な加入がなく運営されていくこと。

イーサリアムクラシックの最大の魅力は、その理念に向かって日々進歩を続けるロマンと言えるでしょう。

事実、サイドチェーンなどの先進的な開発は日々止まるところを知りません。

加えて、IoTという拡大中のマーケットにて普及することができれば、ビットコインなどと並ぶ主要通貨の座を勝ち取る可能性も多いにあります。

将来性豊かなイーサリアムクラシックを、今から少しずつでも取引してみるのも良いかもしれません。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。