手数料の安い海外の仮想通貨取引所は?国内取引所とも比較!

blank
・取引手数料0.1%の「Binance」
・先物取引特化の「Bybit」

「海外取引所の手数料比較が見たい」

「手数料は妥協したくない」

取引手数料をはじめ、利益に直結する手数料の良し悪しは、取引所選びにおいてかなり重要なものさしです。

それは国内だけでなく海外取引所でも同様です。

「国内取引所でできない投資をするために海外取引所を利用しようと考えている」

そんな一歩上のレベルまで進んだ方にとって、手数料面は決して妥協できない部分でしょう。

今回は、手数料が安い取引所を探している人に向けて、以下の項目を紹介します。

  • 現物、先物それぞれのおすすめ取引所
  • 取引チャート「MT5」が使える取引所
  • 利用不可だが押さえておきたい取引所
  • 手数料負けを避けるためのコツ

国内取引所とも比較し、手数料を抑えたい人にぴったりの取引所を厳選しています。

ぜひ、手数料負けをせずに済む取引所選びの参考になれば幸いです。

海外取引所の手数料をざっくり比較

まず、日本在住者が利用できる7つの海外取引所の手数料を表でまとめました。

 現物取引手数料先物取引手数料出金/送金手数料レバレッジ取扱通貨数
BinanceMaker:~0.1%
Taker:~0.1%

Maker:~0.02%
Taker:~0.04%
0.00057BTC~
0.0036ETH~
最大125倍300種類以上
BybitMaker:-0.025%
Taker:0.075%
Maker:-0.025%
Taker:0.075%
0.0005BTC
0.01ETH
最大100倍14種類
OKExMaker:~0.1%
Taker:~0.15%
Maker:~0.02%
Taker:~0.05%
0.0005BTC最大100倍165種類以上
bitFinexMaker:~0.1%
Taker:〜0.2%
Maker:~0.02%
Taker:~0.04%
0.0005BTC最大3.3倍200種類以上
bittrexMaker:0.25%
Taker:0.25%
取り扱いなし0.001BTC取り扱いなし260種類以上
BaseFEX取り扱いなし

Maker:0.02%〜
Taker:0.06%〜
0.0005 BTC最大100倍12種類
FTXMaker:~0.02%
Taker:~0.07%
現物と同じ無料最大101倍40種類以上

さて、上記の表からわかることは2つ。

  • 総合力は「Binance(バイナンス)」
  • 先物取引は「Bybit(バイビット)」

この2つは手数料面だけでなく、その他の面でも業界トップクラスの取引所ですので、最優先でチェックすべき取引所でしょう。

さっそく以下で解説していきます。

【Binance】現物・先物手数料最安値クラス!取引高世界一位の取引所

Binance(バイナンス)現物・先物手数料最安値クラス!取引高世界一位の取引所

  • 300種類以上の豊富な銘柄
  • 一律0.1%、安くて明瞭な手数料
  • BNBトークンで手数料がさらにお得
  • 全体的にハイスペックな取引所がいい
  • 現物と先物を両方やりたい

すべての取引所の中で、とにかくおすすめしたいのは「Binance」「Bybit」の2つです。

中でもBinance(バイナンス)は、現物は「一律0.1%」、先物は「Maker0.02%、Taker0.04%」と手数料が安く、両方のニーズを満たせる裾野の広さを持ちます。

実際、取引高世界一という実績の裏付けもあり、総合力ではBinanceが一強だといえるでしょう。

加えて、300種を超える豊富な銘柄を取り扱っており、BTCをはじめとする通貨で最大レバレッジ125倍の取引ができる点も強み。

さらに、バイナンス独自のコイン「BNBトークン」で決済するだけで取引手数料が最大0.05%まで下がるなど、独自の要素で業界をリードしてきました。

業界トップ水準の手数料を実現しながら、アルトコイン投資もレバレッジ取引もできる取引所は、国内外含めてもBinanceをおいて他にありません。

Binanceのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

Binance(バイナンス)はユーザー数1000万人以上を誇る世界最大級の仮想通貨の海外取引所です。 Binance(バイナンス)は2017年中国でサービスを開始した取引所で、現在海外取引所の出来高ランキングで一位。 Binance(バ[…]

blank

【Bybit】Maker手数料は業界最安値レベルの-0.25%!

(Bybit)Maker手数料は業界最安値レベルの-0.25%!

  • 圧倒的なMaker手数料の安さ
  • 日本向けサポート充実
  • 最大レバレッジ100倍
  • 先物・レバレッジ取引をはじめたい
  • とにかく取引手数料の安さを求める

Bybit(バイビット)は、先物特化の取引所として、Binance以上におすすめできる海外取引所です。

理由は、圧倒的なMaker手数料の安さ。一般的なMaker手数料は0.2%、安くても0.1%ですが、bybitは-0.25%。取引すれば逆に手数料がもらえます。

Binanceでさえ先物の手数料は「Maker0.02%、Taker0.04%」です。

Bybitと同様にマイナス手数料を実現している取引所は、国内でもGMOコインなどごく一部しか存在しません。

取扱通貨は15種。現物取引はないものの、安定感のあるメジャーな通貨を揃え、かつ最大レバレッジ100倍&追証がなくなるゼロカットシステムを搭載しています。

日本語対応やサポートも充実しており、高倍率かつ安全な取引ができるのが強みですね。

Bybitのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

Bybit(バイビット)は仮想通貨取引所としての歴史こそ浅いですが、100倍と高めのレバレッジやトレーダーに有利な設定のMaker手数料。 そして魅力的なキャンペーンの数々により人気が急上昇中の仮想通貨FX特化型の海外取引所です。 […]

blank

以上が特におすすめしたい2つの取引所ですが、ここで気になるのが「国内取引所と比べて手数料は安いのか?」という点です。

続いては、この2つの取引所を国内取引所と比較しながら見ていきましょう。

国内取引所との比較

上記2つの取引所を、国内取引所と比較してみました。

 現物取引手数料

先物取引手数料出金手数料入金手数料レバレッジ取扱通貨数
BinanceMaker:~0.1%
Taker:~0.1%

Maker:~0.02%
Taker:~0.04%
0.00057BTC~
0.0036ETH~
0円最大125倍300種類以上
BybitMaker:-0.025%
Taker:0.075%
Maker:-0.025%
Taker:0.075%
0.0005BTC
0.01ETH
0円最大100倍15種類
Coincheck無料


取扱なし出金:407円
送金:0.001BTC
0~1000円なし16種類
bitFlyer0.01~0.15%



無料出金:220~770円
送金:0.0004BTC
0~330円最大2倍12種類
DMM Bitcoin販売所:0.001BTC
取引所:取扱なし
無料出金:0円
送金:0円
0円最大2倍12種類
GMOコインMaker:-0.01%
Taker:0.05%
無料出金:0円
送金:0円
0円最大2倍12種類

上記のように、国内と海外では手数料面でいえば海外の方が若干安いです。

ですが、注意すべきことがひとつあります。それは「出金手数料」についてです。

Coincheck、bitFlyerなど国内の取引所は日本円の入出金に対応しており、直接銀行に振り込めます。そのため送金手数料は振込手数料のみで済みます。

一方、日本円出金できない海外取引所では、一旦BTCを銀行振り込み可能な取引所に送ってから、BTCを日本円に変えて振り込む形を取らざるを得ません。

その際、取引所にもよりますが一般的に0.0005BTCほどの出金手数料がかかります。

1BTC=440万の場合で約2200円もかかる。

これら振り込み手数料を加味すれば、頻繁に出金するトレーダーほど海外取引所は損をしやすくなります。

出金回数をできるだけ抑えれば、海外取引所は手数料面を含めて優れた取引所群だといえますが、人によっては損失が大きくなりますので、利用の際は注意が必要です。

合わせて読みたい

仮想通貨FXに関する手数料について詳しく解説します。仮想通貨FXの手数料は、取引所や販売所ごとに手数料のルールや料金も違っていて、実に多様です。そのため、手数料は複雑でわかりにくく、理解することをつい疎かにしてしまいがち。 […]

blank

さて、以上の点を踏まえて、bybit、Binance以外の取引所の紹介に移っていきましょう。

以下で紹介する取引所はハイレバレッジ取引アルトコイン(草コイン)投資といった、海外取引所ならではの強みを持ちつつ、手数料も業界水準を越えている取引所です。

現物取引に強く手数料が安い取引所

以下は、「豊富なアルトコイン(草コイン)への投資ができる」という強みを持ち、加えて手数料面で有利に取引しやすい2つの取引所です。

  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)

どちらも豊富な取引方法を備え、さまざまな目的で利用できる取引所です。ひとつずつみていきましょう。

【OKEx】165種類の通貨と多彩な取引方法が人気

(OKEx)165種類の通貨と多彩な取引方法が人気

  • 現物、FX、先物、オプション取引などに対応
  • Maker0.1%、Taker0.15%という安い手数料
  • 165種類の通貨を取り扱う

OKEx(​オーケーイーエックス)の強みは2つ。

165種類以上の通貨を取り扱い、Binanceにはない通貨も多く揃えている点、それらをMaker0.1%、Taker0.15%という安い手数料で取引できる点の2つです。

高い人気で取引高も非常に多く、世界では「Huobi(フォビ)」「BTCC」と合わせて中国三大仮想通貨取引所とも言われています。

現物だけでなく、FX、先物、パーペチュアルスワップ、オプション取引に対応しており、BTCはレバレッジ100倍まで対応。

日本語対応していない点がネックではありますが、さまざまなニーズに応えられる、欠点の少ない取引所といえるでしょう。

OKExのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

OKEx(オーケーイーエックス)は、中国のオーケーグループが運営している、中国三大取引所の一つとなっています。 取り扱っている通貨が豊富なうえに、セキュリティ対策が万全ということもあり、ユーザーから高い評判を得ています。 この記[…]

OKEx評判

【Bitfinex】BTCの取引量が圧倒的な海外取引所

(Bitfinex)BTCの取引量が圧倒的な海外取引所

  • 取扱通貨200種類以上
  • Maker手数料が0.1%と安い
  • 世界トップクラスのBTC取引量

取扱通貨数:Bitfinex(ビットフィネックス)の強みは3つあります。

世界トップクラスのBTC取引量を誇る点200種類以上の通貨を取り扱う点、そして著名な取引チャート「TradingView」を使える点です。

2012年設立と業界の中ではかなり歴史が古く、50ヶ国以上の国でサービスを展開していることも特長のひとつです。

長く運営を続けていく間、2回ハッキング被害を受けてしまっていますが、現在はセキュリティ面を大幅強化。

基本的な機能に加えてかなりのコストを投じたシステムを構築しています。

レバレッジは3.3倍ですが、前述したTradingViewやスマホアプリの使いやすさに定評あり。

日本語対応もしていることと合わせて利用のストレスがかなり少ないです。

現物取引を中心としたトレードをしていきたい人におすすめの取引所といえるでしょう。

Bitfinexのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

Bitfinex(ビットフィネックス)は数ある仮想通貨取引所の中でも、ビットコインの取引量が世界屈指である点や200種類以上の仮想通貨を取り扱っている点が多くのトレーダーから支持されています。また、取引ツールの利便性の高さからプロ・アマ問わ[…]

blank

先物取引に強く手数料が安い取引所

続いて、手数料が安い取引所の中から、特にレバレッジ取引に強いものを紹介していきます。

  • BaseFEX(ベースフェックス)
  • FTX(フィントルエックス)

それぞれの解説をチェックしていきましょう。

【BaseFEX】先物特化!サイト・アプリの使いやすさに定評あり

(BaseFEX)先物特化!サイト・アプリの使いやすさに定評あり

  • 取引手数料がMaker:最低0.02%〜
  • BTCは最大100倍まで

BaseFEX(ベースフェックス)のメリットは2つ。

Maker:最低0.02%〜Taker:最低0.06%〜と、トップクラスとはいかないものの、業界水準より安い手数料面と、BTCは最大100倍という高いレバレッジでトレードできる点です。

さらに、今は日本からは使えませんが人気のあったBitMEXとサイトデザインが似ており、かつさらに使いやすく仕上がっています。

日本語対応もされているため、全体的に初心者から経験者まで使いやすく、欠点らしい欠点はありません。

事実、インフルエンサーをはじめ多くのトレーダーがBaseFEXを使っていると公言しており、評判も上々。

現物取引がない点がネックではありますが、その分先物取引に特化している点が印象的な取引所です。

BaseFEXのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

最近投資家の間で話題になっている『BaseFEX(ベースフェックス)』という仮想通貨取引所を知っていますか? 「人気があるみたいだけど、どんな取引所なの?」 「口コミや評判は良いの?」 と思っている方も多いでしょう。 […]

blank

【FTX】レバレッジトークンが優秀!初心者向けの海外取引所

(FTX)レバレッジトークンが優秀!初心者向けの海外取引所

  • 銘柄数40種類以上
  • 取引手数料がMaker0.01%~0.02%
  • 出金手数料が無料

FTX(エフティーエックス)は、Binanceが出資しており、海外取引所では数少ない出金手数料が無料の取引所です。

特筆すべきは、「レバレッジトークン」の存在。

FTXで買えるトークンのひとつで、特徴は以下のとおりです。

  • レバレッジの倍率とポジションごとに5種類ある
  • 証拠金や担保の管理が必要ない
  • 利益、損失が発生したら自動でリスク減のための売買をする

ものすごくざっくり言うと、「現物取引のような手軽さでレバレッジ取引ができる」仕組みで、ユニークな商品が多いFTXでも特に目玉のトークンです。

また、Binanceと同じように独自トークンである「FTT」が用意されており、FTTで取引すると手数料が安くなるなどのメリットがあります。

上記のトークンの存在が大きく、初心者でも経験者でも有利にトレードしやすい取引所です。

ただしデメリットとして、レバレッジ50倍では0.02%、100.101倍では0.03%手数料が割増されます。

そこまで高いレバレッジをかけるつもりがなく、かつ先物取引に不慣れな方におすすめの海外取引所です。

FTXのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

FTXは、近年急激に人気を集めている仮想通貨デリバティブ取引所の1つです。 取引通貨の豊富さや手数料の安さ、数々のキャンペーンの開催もさることながら、レバレッジトークンや自動売買サービスを始めとした独自のシステムが多くのトレーダーから[…]

FTXの評判・口コミは?様々な取引ができる海外取引所を徹底解説

取引チャート「MT5」が使える仮想通貨取引所

続いて、「MT5(MetaTrader)」が使える以下の仮想通貨取引所も、手数料が安くおすすめですので紹介していきます。

  • Bitterz(ビッターズ)
  • CryptoGT(クリプトジーティー)
  • FXGT(エフエックスジーティー)

これらの取引所は、傾向として上で紹介した先物取引に強い取引所の中でも、さらに先物・高レバレッジに特化しています。

なお、あえて上記の取引所と分けたのは理由があります。

それは、3つの取引所が取引プラットフォーム「MT5」を採用していて、MT5のルールに従って手数料のシステムを設定しているためです。

主にFX業界において、世界で最も利用されている取引プラットフォーム「MetaTrader5(メタトレーダー5)」のこと。

MT5採用の取引所と一般的な取引所の違いは以下のとおり。

  • 一般的な取引所:Maker/Taker手数料を「取引手数料」として取る(スプレッドはない)
  • MT5を採用した取引所:Maker/Taker手数料はない。スプレッドが実質的な手数料となる

このように、そもそも手数料の仕組みが違うので、同じ軸で比較することはできないのです。

かなりざっくりとした説明になりましたが、ひとまずはFXの基盤を活用した優秀な取引所だと認識しておけばOKです。

それでは、ひとつずつみていきましょう。

【Bitterz】入出金手数料無料!最大888倍で取引可能

(Bitterz)入出金手数料無料!最大888倍で取引可能

  • 最大レバレッジは業界一の888倍
  • BTC出金時、手数料が実質無料
  • 多額の口座開設ボーナスがもらえる

Bitterz(ビッターズ)で特筆すべきは最大レバレッジ888倍という、現時点で業界一のレバレッジ倍率を提供していて、かつ追証なしのゼロカットシステムを採用している点。

仮想通貨でここまでのハイレバを利かせられる取引所は他にありませんから、頻繁に行っている5,000円~10,000円のボーナスを得る目的だけでも開設してみる価値はあるといえます。

そして重要な手数料面に関しても、Bitterzは優れています。特にBTC出金が補填により実質無料になるのは破格。

レートにもよりますが、一般的な取引所は出金の際に0.0005BTC(今のレートで1,800円)前後かかることが多いです。

出金を頻繁にするトレーダーにとって、この点は非常に大きいといえますね。

一方、デメリットとしては、取り扱い通貨数が4種と少ない点と、会社の所在地がはっきりしていない点の2つ。

会社情報の有無は、いざという時の消費者対応に影響します。ここはリスクとして認識しておくべき部分でしょう。

Bitterzのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

非常に高いレバレッジ倍率やお得なキャンペーンで有名な仮想通貨FX取引所「Bitterz」。 世界中でも数少ない日本円での入金に対応した取引所として、近年日本人トレーダーの間で注目を集めています。 その主な特徴は下記の通り。 […]

Bitterz(ビッターズ)の評判・口コミは?口座開設ボーナスがある仮想通貨取引所を解説

【CryptoGT】スプレッドの狭さが魅力!日本円建てで最大200倍の取引可能

(CryptoGT)スプレッドの狭さが魅力!日本円建てで最大200倍の取引可能

  • 最大レバレッジ500倍
  • 日本円立てで取引できる
  • スプレッドが狭い

CryptoGT(クリプトジーティー)の最大の強みは、最大レバレッジ500倍である点と、スプレッドが狭い点の2つです。

以前は一般的なスプレッドでしたが、2020年11月に「スプレッド革命」を実施。

結果、BTCスプレッドでは、国内取引所のDMMbitcoinの700円、GMOコインの862円に対し、300円という非常に狭いスプレッドを実現しています。

加えて、10種類以上のアルトコインで入金可能である点や、日本円建てで取引できる点など、日本ユーザーに有利な機能が備わっており、海外取引所に慣れていないユーザーが使いやすいのも評価点です。

CryptoGTのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

当サイト限定!!入金100%ボーナス実施中無料口座開設はこちら (CryptoGT公式サイト) 限定ボーナスの詳細はこちらをご覧ください CryptoGT(クリプトジーティー)は、2018年に設立されたキプロスの仮想通貨取[…]

blank

【FXGT】出金手数料で有利なハイブリッド取引所

(FXGT)出金手数料で有利なハイブリッド取引所

  • スプレッドが他社と比較して狭い
  • 日本円をクレジットカード入金可能
  • 最大レバレッジ500倍で取引可能

FXGT(エフエックスジーティー)は、仮想通貨だけでなくFX、原油、日経平均やダウ先物、金などを取り扱うハイブリッドな取引所

FXGTでは、上記すべての投資商品を最大レバレッジ500倍で、かつMasterCard、JCBのクレジットカードで入金できる点が特徴的な取引所です。

FXGTは仮想通貨のみならず、さまざまな銘柄の投資を検討している方にもピッタリ。

90日以上の取引がないと、口座維持費がかかる点にのみ注意が必要ですが、総じて興味深い取引所といえます。

ちなみに、出金の際にはbitwalletが使えます。クレジットカードからbitwallet経由で銀行口座送金すれば、実質777円で送金が可能

他社のようなBTC出金だと現在のレートで1500円前後かかり、しかも国内取引所を経由する必要があることを考慮すれば、出金の面で有利な取引所といえます。

FXGTのさらに詳しい情報は、以下の記事にも掲載しています。

合わせて読みたい

FXGT(エフエックスジーティー)は2019年末に設立されて以降、仮想通貨とfxのハイブリッド型取引業者として多くのトレーダーから注目を集めています。海外FX業者の中では珍しく24時間体制での日本語サポートを行なっており登録手続きも短時間で[…]

blank
ここまでで、8つの取引所をそれぞれ紹介してきました。興味を持った取引所はあったでしょうか?

取引所の紹介はここまでになりますが、続いて番外編として、「現在日本からは利用できないものの、押さえておきたい取引所」も紹介していきます。

現在は国内利用できないが押さえておきたい海外取引所

現在では日本居住者向けのサービスを停止していますが、手数料面や取扱銘柄などが優秀な取引所です。

  • KuCoin(クーコイン)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)

両取引所ともに高い取引高を誇る、海外で人気の取引所です。

こういう取引所もあるんだ、ということを頭に入れておくと、もし将来サービスが再開したときに先行できるでしょう。

【KuCoin】取引手数料0.1%、取扱銘柄200種の人気取引所

2021年6月現在でも、24時間あたりの取引高約2400億円、世界16位に位置する取引所「KuCoin(クーコイン)」。

手数料は一律0.1%、もともと安いですが、Binanceと同じ用に、KuCoin Shares(KCS)トークンを持っていると、ここからさらに割引がかかるシステムです。

保有していると他にも手数料の割引や配当、上場候補の通貨への投票権などさまざまなメリットがある、KuCoin独自のトークン。

加えて、多数の通貨を取り扱っておりながら審査が厳正で、実際に取引量を調べてみると、価値のない通貨はほとんどないことがわかります。

もし日本向けにサービスが再開すれば、有力なアルトコイン取引所になることが期待できます。

【HitBTC】取り扱い銘柄120種!2013年開設の老舗取引所

2013年に開設した、現物取引のみを扱う「HitBTC(ヒットビーティーシー)」。2017年から2018年にかけて、国内でも人気のあった取引所でした。

取り扱い通貨数120種類と、Maker側-0.01%~0.1%という手数料の低さ、ブラウザと専用アプリの使いやすさが強みで、現在も取引高ランキングでは上位をキープしています。

国内取引を停止する際、公式Twitterでは「日本向けに子会社を設立してサービスを再開する」といった旨のツイートを残しており、サービスの再開が期待されています。

 

ここまで、厳選したさまざまな取引所を紹介してきました。続いて、この記事にない取引所を使う際に、手数料面でどこを見れば良いのかを紹介していきます。

手数料負けを避けるためのコツ

ついでに覚えていきたいのが、手数料負けを避ける以下のコツです。

  • 成行注文(Taker側)を控える
  • ポジションの売買より先に手数料計算する
  • 頻繁な出金は絶対に避ける

安い手数料を実現できる取引所を選んだら、次はそれぞれの取引所で最大限利益をあげられるような投資をしていきましょう。

成行注文(Taker側)を控える

国内取引所でも同じ傾向なのですが、成行注文のほうが基本的に手数料が高いです。

たとえば、Bybitの取引手数料はMakerなら-0.025%、Takerが0.075%。Makerなら手数料はマイナスになります。

この手数料で成行注文を多くしていると、差額にして0.1%の手数料分の損益が発生してしまいますね。

塵も積もれば山となるといいますが、手数料負けをしてしまっている原因の多くは、こうした小さな損益を無視してしまっているケースです。

しっかり手数料計算を行い、なるべく低くなるようにMaker側に立つことが手数料を抑えるコツのひとつです。

ポジションの売買より先に手数料計算する

先ほど少し触れましたが、ポジションを売買する前に手数料をざっくりでいいので計算するクセをつけておきましょう。

手数料計算を行うことで、たとえば売買による利益が手数料と相殺されて結局マイナスになってしまうことを防ぐことができます。

他にも、取引所によってトークンの利用料など別の手数料もかかってきますので、それも含めて計算しましょう。

頻繁な出金は絶対に避ける

上記でも触れましたので繰り返しになってしまいますが、海外取引所は日本円の入出金に基本的に対応していません。

そのため出金のたびに少なからず手数料がかかってしまいます。

国内の取引所では、直接銀行口座に出金できますし、出金手数料も安いところでは無料、高くても500円前後です。

そのため、国内での取引に慣れていると軽視しがちなのですが、うっかりしていると出金のたびに1000円以上の手数料を支払うことになるので、十分に注意しましょう。

まとめ

  • 現物を含めたオールラウンドな取引なら「Binance(バイナンス)」
  • 先物(レバレッジ)取引なら「bybit(バイビット)」

Binanceは、

  • 300種類以上の豊富な銘柄
  • 一律0.1%、安いうえにわかりやすい手数料
  • BNBトークンを利用すれば手数料がさらにお得

現物、先物両方のニーズを高水準で満たす取引所となっています。取引高も世界一なので、流動性が高く機会損失のリスクもほとんどありません。

一方、Bybitは、

  • 圧倒的なMaker手数料の安さ
  • 日本向けサポート充実
  • 最大レバレッジ100倍

Maker手数料-0.25%と業界最安値水準の手数料を実現しています。

加えて、安定感のあるメジャーな通貨を揃え、かつ最大レバレッジ100倍&ゼロカットシステムを搭載しているので、海外取引所で先物取引をしてみたい人におすすめ。

記事中では、この他に7つの取引所も紹介しています。ざっくりと読んでみて、気になった取引所をチョイスしてみてください。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。