仮想通貨のセキュリティ用語を解説!コールドウォレットやマルチシグ

仮想通貨のセキュリティ用語を解説!コールドウォレットやマルチシグ

コールドウォレット、マルチシグネチャー、ブロックチェーンなど、仮想通貨を学ぶにつれて、セキュリティの話も気になってきた方も多いのではないでしょうか。

この記事では、よく聞く仮想通貨のセキュリティ用語をカンタンに解説していきます。

専門的な内容にならないよう、わかりやすい範囲で紹介していくので、「ややこしい話は勘弁して!」という方でも大丈夫な内容になのでご安心ください。

それでは仮想通貨のセキュリティ用語をひとつずつみていきましょう。

コールドウォレットとは

まずは一番よく聞くであろう、コールドウォレットから。

コールドウォレットは、ひとことでいえばウォレット(仮想通貨を管理するお財布、口座のようなもの)を、インターネットから切り離されたオフラインで保管する方法のこと。

コールドウォレットはオフラインで仮想通貨を管理するので、不正アクセスやハッキングの対象に極めてなりにくく、セキュリティレベルが最も高い管理方法といわれています。

ちなみにコールドウォレットとは逆に、オンラインで仮想通貨を保管するウォレットはホットウォレットと呼ばれていますね。

ホットウォレットはオンラインで仮想通貨を保管しているので、こちらはハッキングや不正アクセスのリスクは常にある状態と考えましょう。

コールドウォレットのデメリット

さて、コールドウォレットついてのデメリットもここで2つほど。

コールドウォレットはセキュリティ力が高い反面、頻繁な仮想通貨の出し入れには向かないこと、オフラインで管理する分、現実世界でのパスワードの流出や紛失に気を付ける必要があります

セキュリティの高さと、使いやすさはある種トレードオフの関係なので、ある程度使いやすさの面でデメリットが生じるのは仕方ないですね。

もうひとつのデメリット、現実世界での窃盗、紛失、流出などは究極的な話、100%の対策は存在しません

たとえば自分が利用している取引所がハッキングされたり、物理的に侵入されたりして、自分のウォレットのパスワード等を奪われてしまう可能性は0とはいえないでしょう。

私たちが日頃からできる対策として強いて挙げられるものは、以下のようなもの。

① より信頼性の高い取引所を利用する
② 多額の仮想通貨をウォレットに入れっぱなしにしない
③ パスワードなどを紛失しないように注意する

投資・投機目的の場合には多額の仮想通貨を持つことになるので、②の対策は難しいかもしれません。

自分ができる範囲のセキュリティ対策と注意を意識するとよいでしょう。

さて、コールドウォレットとホットウォレット、簡単にまとめるならば以下のような感じ。

コールドウォレット

・オフラインで保存するので安全性が高い
・仮想通貨の頻繁な出し入れには向かない

ホットウォレット

・オンラインで保存&リスクあり
・頻繁に仮想通貨を使うならナシではない

もう少しだけ、コールドウォレットについて詳しくみてみましょう。

ペーパーウォレットとハードウェアウォレット

オフラインで仮想通貨を保管するコールドウォレットは、さらにいくつかの種類に分けられて、その一例がペーパーウォレットハードウェアウォレットです。

ペーパーウォレットは文字通り、紙面にアドレスやパスワードなど印刷して保管する方法ですね。

ペーパーウォレットはオンライン上のデータではなく、実物で管理するため、ハッキング等のリスクは0なのが特徴です。

もう一つのハードウェアウォレットは、PCなどに挿すUSBのようなデバイスで保管する方法と考えるとイメージしやすいでしょう。

ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットのどちらもオフライン保存なのでハッキングには強いですが、直接的に盗まれてしまったり、そもそも紛失する可能性もあるので、現実面での注意が必要です。

コールドウォレットについては以上になります。

コールドウォレットは今や取引所の標準装備ともいえるものなので、だいたいの取引所ではコールドウォレットを採用しています。

セキュリティ面が気になる方は、取引所選びの際にチェックしてみるとよいかもしれません。

続いて、マルチシグネチャーについてみていきましょう。

マルチシグネチャーとは

マルチシグネチャー(通称マルチシグ)も、仮想通貨のセキュリティを高める仕組みのひとつで、こちらも最近では取引所の標準装備となってきています。

マルチシグの説明はやや難しいのですが、すごく簡単にいってしまうと「秘密鍵(送金時に必要な暗号)を2つ以上にして、1つの秘密鍵が流出してもハッキングされない仕組み」です。

鍵穴が1つじゃ不安だから、2~3つ以上に増やそうといったイメージですね。さて、ここからはマルチシグの詳しい説明。

マルチシグが採用されていないアドレス(シングルシグ)では、送金に必要な暗号(=秘密鍵)が1つなので、もしその秘密鍵が流出してしまった場合、自分の資産を勝手に送金されるリスクがあります

一方、マルチシグでは送金時に2つ以上の秘密鍵が必要なので、1つの秘密鍵が流出してしまってもまだ大丈夫といったところ。

マルチシグのアドレスをハッキングする場合、秘密鍵のデータを2つ以上盗まないといけないことになります。

さらに、マルチシグは2/3のように「分数」の形で表記されて、たとえば2/3の場合なら仮想通貨の送金の際に、3つある秘密鍵のうち、2つ以上の秘密鍵による署名(承認)が必要という仕組み。

そもそも最重要データである秘密鍵を2つ以上手に入れるのはハッキング難易度が高く、実行されにくいのでセキュリティが高くなるといった感じですね。

マルチシグの説明はこれくらいにしておきましょう。もっと詳しく知りたい方、興味のある方は「マルチシグ」を検索してみてください。

続いて、SSL暗号化通信をみていきましょう。

SSL暗号化通信とは

SSL(Secure Sockets Layer)は、名前こそ難しそうなものの、おそらく見たことはある方は多いのではないでしょうか。

結論からいうと、SSLが導入されているウェブページでは、URLが「http」にセキュア(Secere)を表す「s」がついた「https」の表記になります。

つまり、「https」のサイトはSSLが実行されていて、セキュリティが担保されているということですね。

ここまでの話、「https」のサイトはセキュリティが高く安心だと聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

さて、SSLの具体的な内容にまだ触れていませんでした。

SSLをひとことでいうと、ユーザーが使うブラウザーとウェブサイト(サーバー)間の通信を暗号化する技術です。

SSLが適応されていない「http」のサイトでは、実はパスワードなどのデータをかなり抜き取りやすいといわれています。

その反面、SSLが適応された「https」のサイトでは、パスワードなどの情報もすべて暗号化されるので、仮に通信データがハッキング・流出してしまったとしても解読は非常に困難

SSLが適応された「https」のサイトなら、重要な情報が流出する危険性が低いので、安心して利用できるといった感じです。

SSL暗号通信化の内容は以上になります。

続いて、二段階認証についてみていきましょう。

二段階認証とは

さて、二段階認証(2FA)について深い説明はおそらく不要でしょう。

国内・海外に関わらず、取引所にログインする際にIDとパスワードを入力すると思います。

二段階認証が設定されている取引所では、IDとパスワードに加えて、もう一つなにかの認証を追加してセキュリティを強化する形。最近の取引所ではどこも二段階認証ではないでしょうか。

二段階認証に使われる主なものは以下の通り。

  • 電子メール
  • 携帯電話のSMS
  • Authyなどの認証アプリ

取引所を使う側からすると、送金・ログインの際に毎回二段階認証をさせられるのは正直手間な面もあります。

しかし仮想通貨はセキュリティが命ともいえるものなので、致し方ないところでしょうか。

二段階認証はほとんど取引所が採用していると思いますが、もし採用していない取引を使う際には気にとめるとよいかもしれません。

二段階認証の内容は以上になります。

最後に、ブロックチェーンについてカンタンに見ていきましょう。

ブロックチェーンは詳しく語ろうとすると、1冊の本では足りないくらい奥深い、ボリュームのある内容です。

この記事では「なぜブロックチェーンはセキュリティが高いと評価されているのか」をわかりやすくイメージしてもらうことを目標に、カンタンに紹介していきます。

ブロックチェーンとは

さて、ブロックチェーンのセキュリティの高さを語るには、いくつか必要な前提知識があるので、まずはそれらの前提知識からみていきましょう。

仮想通貨やデータのセキュリティ課題

一度考えてみたいのですが、なぜ仮想通貨やネット上に「データ」として存在するもののセキュリティにおいて、課題となるものはなんでしょうか?

セキュリティ面の課題は多くありますが、そのうちのひとつは「悪意を持った人によるデータの改ざん」といえるでしょう。

たとえば、自分の銀行口座に1億円預金をしておいたとして、銀行側や他の第三者がこの「1億円預金されている」というデータを「0円の預金」に改ざんする。

こんな場面がもし成立したら、1億円預金していた側はたまったものではないですよね?しかもそれが銀合側による改ざんであったらなおさらです。
(あくまでも仮の話です。)

こんな話を例に、ネットではデータの改ざんがセキュリティ面での大きなテーマとなっていました。

  • 誰が改ざんしたのかわからない
  • なぜ改ざんされてしまったのか
  • セキュリティはちゃんと機能していたのか
  • 内通者によるデータ改ざんは防げないのでは

上記のように色々なことが考えられますが、ブロックチェーンという技術は上記問題をすべて解決したといってもよい技術です。

いよいよ本題ですが、そんなブロックチェーンの中身を簡単に見てみましょう。

ブロックチェーンはデータの改ざんが物理的に不可能

まず前提ですが、ブロックチェーンはテクノロジーの名前です。

ブロックチェーン=ビットコインと認識されることも多いですが、それは間違いで、ブロックチェーンそのものがある一つのテクノロジーだと覚えておいてください。

そして、結論から述べるとブロックチェーンを採用した技術であれば、先述した「改ざんの問題」はほぼ100%解決します

ブロックチェーンが採用されたもののデータを改ざんすることは、物理的にほぼ不可能です。

その理由はいくつかあって、ブロックチェーンの技術によって実現されています。すごくカンタンに話せる範囲で挙げると下記の通りです。

① データが多数のPC上に保存されている(P2P技術)
② ネットワーク参加者全員が監視している(PSP技術)
③ 1か所改ざんするには、結局全データを改ざんしないといけない

①~③をまとめると、ブロックチェーン技術が採用されているもののデータを改ざんするには、多数の場所に保管されている全てデータを、多数の監視者がいる中で素早く改ざんしないといけないことになります。

わかりやすくイメージするならば、全世界上のPCを同時にハッキングして、その内部データを10分以内に改ざんするくらいの難易度と考えてください。

大げさな話のように聞こえますが、ブロックチェーンは本当にこのような技術です。

ブロックチェーンについて詳しく知りたい方は、関連書籍を読んだり、下記キーワードを調べてみてください。

・ブロックチェーン
・P2P技術
・コンセンサスアルゴリズム
・PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
・暗号化技術

仮想通貨のセキュリティまとめ

仮想通貨のセキュリティ用語については以上になります。

投資・投機の対象として注目されている仮想通貨ですが、仮想通貨の実体は壮大なテクノロジーで、いってしまえばただのデータな面もあります

データである以上、保管や扱い方、セキュリティの問題は永遠の課題といってもよいでしょう。

仮想通貨を学ぶとともに、その背景にあるテクノロジーやセキュリティについて学ぶと、仮想通貨の違った顔が見えてくるかもしれません。

投資・投機目的の方も、仮想通貨の背景知識をすれば勝率UPにつながるかもしれないので、ぜひ仮想通貨のテクノロジーやセキュリティ面にも興味をもってみてください。

それでは。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。