Yobit(ヨービット)の評判・口コミは?草コインでオススメの取引所を解説

blank

2014年にロシアで誕生した仮想通貨取引所「Yobit(ヨービット)」

取り扱っている通貨が豊富なうえに色々な形で仮想通貨を獲得できるチャンスがあるため、ユーザーから注目されている取引所となっています。

そんなYobitの主な特徴は下記の通り。

  • 通貨数は1,200種類以上
  • ユニークなサービスがある
  • ICOに参加できる

この記事では、そんなYobitの基本的な情報・評判からメリットやデメリット、さらには口座開設まで、分かりやすく解説していきます。

この記事を読めばYobitのことが一通り理解でき、すぐに取引を開始することができます。

  • より多くの仮想通貨を取引したい人
  • 仮想通貨投資を楽しみたい人
  • 英語でも問題ない人

では早速本文に参りましょう。

Yobitとは

Yobitは2014年にロシアで誕生した、サーバーをサンフランシスコに構える仮想通貨取引所となっています。

そんなYobitの特徴は何といっても1,200種類を超える豊富な取り扱い銘柄数で、銘柄の豊富さと新規通貨を多く取り扱っているという点でいえばトップクラスを誇る仮想通貨取引所でしょう。

特に新しい仮想通貨やICOトークンはまずYobitに上場するのがセオリーとなっており、日本国内の投資家会でも草コイン取引所として有名となっています。

しかしYobitにも注意点はあります。

Yobitの運営元は会社名、所在地、代表者など、すべて非公開。

ロシアで誕生しているのでロシアの会社、または団体が運営しているのではないかと言われていますが、はっきりとした情報はつかめていないのが現状です。

また、本人確認が不要なため、安全性の保証はあまりないと言えます。

Yobitの基本情報

項目スペック
レバレッジ100倍
通貨数1,200種類以上
取引手数料0.2%
入出金手数料入金:無料
出金:通貨による
アプリ
追証なし
日本語の対応
取引方法現物取引のみ
取引ツール独自ツール
セキュリティ①2段階認証
②ホット、コールドウォレット
(顧客資産の分別管理)

Yobitの設立情報

Yobitは2014年にロシアで誕生し、2018年5月には取引高が22億7千万と世界で12位を記録しています。

しかし会社名など運営元が不明なこともあり、インターネット上では怪しむ声が多く出ています。

実際に、高額の手数料を要求されたといったコメントもあり、取引所として信頼性は高くないと言えるでしょう。

正直サイト自体が急になくなって自分の資産が明日には全てなくなってしまった、ということも有り得ますので、危機管理への意識は常に高めておいた方がよさそうです。

Yobitの安全性・セキュリティ

Yobitは2014年から運営を開始していますが、大きなトラブルは報じられていません。

しかしマルチングやログイン履歴、アカウントロック機能が備わっていないので安全性に一抹の不安は残ります。

とはいえ前述しましたように大きなトラブルがないことや、2段階認証はしっかりと備わっているため、最低限の安全性・セキュリティは担保されていると言えるでしょう。

Yobitの総評

Yobitの総評は以下の通りとなります。

  • 運営元が不明で実態ない
  • 本人確認が不要で多少不安がある
  • 2014年から運営し続けている
  • 今まで目立ったトラブルがない

以上ことから、怪しい部分はあるが経歴によって信頼できる部分もあるという感じでしょうか。

とはいえ完璧な取引所は存在しません。どこの取引所も何かしらマイナス要素は抱えています。

目立ったトラブルもありませんし、草コインで少し投資をしてみたい銘柄がありましたら少額から投資をしてみるのもありです。

次にYobitのメリットとデメリットについて、見ていきましょう。

Yobitの5つのメリット

まずは、Yobitが持つ5つのメリットについてです。

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

取り扱い通貨数が1,200種類以上

まず一つ目は、取り扱い通貨数が1,200種類以上と豊富なことです。

取り扱っている通貨の数が多いことは、Yobitの最大のメリットであると言えます。

その中でも「草コイン」と言われるマイナーなコインやIOCされたばかりの仮想通貨を取り扱っていることが最大の特徴です。

草コインは価格が低く認知度もそこまでないため、一旦広まれば価格が急騰する可能性を秘めています。

過去には、短期間に何百倍にも価格が上がったコインも数多くありますので、一攫千金を狙って投資を行なってみたい人にはオススメの取引所となっています。

仮想通貨レンディングがある

二つ目は、「Invest(融資仲介サービス)」と呼ばれる仮想通貨のレンディングが利用できること。

こちらは仮想通貨の貸付サービスのことで、ある一定期間の間に取引所へ貸し付けることで利息収入を得ることができるというものです。

要は銀行の利息収入と同じことですが、ちょっとした臨時収入がほしい人にはオススメのサービスとなっています。

ただし利息収入を得るためには一つ条件あり、それは次に紹介する「DICE」と呼ばれるゲームを1日5回以上プレイするということ。

効率的に利息収入を得るためには、いろいろと段階を踏まないといけないので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

個性的なギャンブルゲーム機能が楽しめる

三つ目のメリットは、「DICE」と呼ばれる個性的なギャンブルゲーム機能が楽しめることです。

DICEとは仮想通貨を賭けて行うギャンブルゲームのことで、おおよそコイントスやカジノと同じものです。

ルールは簡単でコンピューターによって複数回サイコロが振られます。

0~100までの数字が選ばれるのでユーザーはその数字の合計が「48以下か52以上」なのか二択で予想します。

予想が当たれば賭け通貨の2倍で返ってきますが、外れると賭け通貨はすべて没収。「49~51」の場合は、胴元が勝利という形になります。

このゲームを1日当たり5回以上プレイすることが「Invest」で利息収入を得る条件なので、あまり熱中しすぎない程度に遊んでみるのがいいですね。

100倍の最大レバレッジが可能

四つ目のメリットは、最大100倍のレバレッジが利用できる点です。

日本国内で仮想通貨のレバレッジ取引を行うとなると最大で4倍しかかけられないので、もっと高いレバレッジ取引を行ないたい人にとってはオススメの取引所となっています。

ちなみにYobitをはじめとした海外の取引所には最大で888倍ものレバレッジが使える取引所もあります。海外取引所の最大レバレッジを徹底比較している記事もありますので宜しければ是非チェックしてみてください。

併せて読みたい

「ハイレバレッジで取引したい」 「海外取引所は最大レバレッジが何倍?」 などと考えている人はいないでしょうか。 この記事では仮想通貨FXの海外取引所の最大レバレッジを比較しながら、魅力や注意点などをご説明します。 記事内[…]

blank

ICOに参加できる

最後のメリットは、「ICO」と呼ばれる新規に発行されるトークンセールへ参加できることです。

ICOとはイニシャル・コイン・オファリング(英: Initial Coin offering )の略称で、仮想通貨の新規発行による資金調達方法です。

ICOのトークンセールが始まる前にメールでお知らせしてもらえるので、ICOに少しでも興味がある人にとってはオススメの機能だと言えるでしょう。

続きまして、デメリットも見ていきましょう。

Yobitの5つのデメリット

次に5つのデメリットについてです。

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

運営元が不明で不安が多い

まず一つ目のデメリットは、運営元が不明で、安全面・セキュリティ面から見ても不安が多いことです。

こちらの話題については何度か出てきていますが、運営元が不明でいまだに会社名や内部の詳しいことについて分かっていません。ですから、安全面・セキュリティ面から見ても不安が多く残ります。

実際にインターネットの声を見ていると信頼性を疑う意見も多く、安易に大金をつぎ込むのは危険だと言えるでしょう。

大きなトラブルは報告されていませんが、万全の対策をしたうえで取引を行なうようにしましょう。

登録の際にKYC(本人確認)がない

二つ目は、登録の際にKYC(本人確認)がないという点。

KYCとは「Know Your Customer」の略で、顧客確認のための本人確認手続きのことをいいます。

登録の際に本人確認がないため、メールアドレスさえあれば誰で利用することができます。

誰でもサイトへ入ることができるということは、それほど荒らされるリスクも高まるということにつながります。

日本語に対応していない

三つ目のデメリットは、日本語に対応していないこと。

海外の取引所ということもあり、日本語には対応していません。そのため英語に不安のある人にとっては少しハードルが上がるかもしれません。

どうしても海外の取引所を利用したいという場合は、「Binance(バイナンス)」などの日本語対応している大手の海外取引所で取引することをオススメします。

併せて読みたい

Binance(バイナンス)はユーザー数1000万人以上を誇る世界最大級の仮想通貨の海外取引所です。 Binance(バイナンス)は2017年中国でサービスを開始した取引所で、現在海外取引所の出来高ランキングで一位。 Binance(バ[…]

blank

価値のない通貨が多い

四つ目は、価値のない通貨が多いことです。

Yobit最大の特徴は取扱銘柄数ですが、その多くが草コインやICOからの新興通貨のため、価値をそこまで持たない通貨が数多くあります。

初めての方が面白がって草コインや新興通貨へ大金をつぎ込んでしまうと資産を簡単に失ってしまう恐れがあるので、そこはしっかりと考えて投資を行うようにしましょう。

手数料が少し割高

最後のデメリットは、手数料が少し割高という点。

Yobitでトレードを行う際の手数料は一律で0.2%と設定されています。

これは日本の多くの取引所と比べると少し割高な印象です。例えば、日本国内で有名なGMOコインで言えば取引にかかる手数料は無料となっています。

以下は海外で人気の大手取引所との、取引手数料の比較表となります。

取引所取引手数料
BitMEX-0.25~0.25%
Binance0.05~0.1%
Bittrex0.25%
Yobit0.2%

このように、他の海外取引所と比べてみても少し割高な印象となっています。

取引を頻繁に行う人や手数料を少しでも抑えたい人は、ほかの取引所で取引を行なうことを検討してみてもいいかもしれません。

Yobitの評判・口コミ

続いて、Yobitの評判・口コミを紹介していきます。

良い評判

まずは、Yobitの良い評判から見ていきましょう。

とりわけYobitの「DICE」に対して良い評判が多い印象です。

このように、仮想通貨投資をいろいろな視点から楽しんでみたいといった人にとっては良い取引所と言えますね。

悪い評判

次に、悪い評判も見ていきましょう。

悪い評判はおもに送金やお問い合わせに対してのものが多かったです。

着金の遅さやお問い合わせに対するレスの遅さはやや致命的でしょう。

評判・口コミまとめ

以上のように、Yobitでは色々なゲームで投資が楽しめることにメリットを感じている人が見受けられました。

一方で、送金に時間がかかることや連絡をしても返答がなかったりすることなど、少し取引所に不安を感じているといった評判の声もありました。

どこの取引所もそうですが、いい評判ばかりではありません。しっかりと悪い評判も受け止めながら、うまく取引所と向き合っていかないといけません。

事前に取引所の評判を見ておくことも大切ですが、実際に利用してみて自分に合うのかどうかを確認することも大切な作業になってきそうです。

Yobitのキャンペーン情報

2021年現在、Yobitでは「Get 1700 Free Dollars!」というボーナスキャンペーンを行っているようですので見て行きましょう。

Get 1700 Free Dollars!

Get 1700 Free Dollars!

Get 1700 Free Dollars!はロシアのTelegramと連携して開催されているボーナスキャンペーンで、新規口座またはログインするとボーナス画面が出てきます。

このボーナスの中には

  1. Telegramと連動する
  2. CryptoTalk.orgで投稿する

という2つの段階があるようです。

Telegramと連動する

Get 1700 Free Dollars!の画面の「Click here to Get 1700 Free Dollars」をクリックしますと、以下のようなチャットボットとの連動画面が出てきます。

Yobitのチャットボットとの連動画面

「SEND MESSAGE」をクリックしますとtelegramのチャットページに飛び、色々見れるようになります。

blank

ここはあくまでYobitの相場情報や自分のWalletの資産状況などが見れるボットなようで、特にこの後アクションはありません。

CryptoTalk.orgで投稿する

もう1つの「Get Talk Tokens for every Post!」をクリックしますと、CRYPTOTALK CAMPAIGNというページに飛びます。

CRYPTOTALK CAMPAIGN

これは、CryptoTalk.orgというサイトの中でロシア語のトピックスにおいて投稿をするごとに10Talk Tokenがもらえるというもので、投稿する内容に応じて評価が変わります。

評価がしっかりされれば7日後にTalk Tokenがウォレットに振り込まれるようです。

以下がCryptoTalk.org。

CryptoTalk.org

ただこちらロシア語でやりとりされているトピックに限る、という難易度が高い条件があるので、期待できないボーナスキャンペーンだと思ってよいでしょう。

Yobitのトレードスペック

それでは、次にYobitの5つのトレードスペックを解説していきます。

  1. レバレッジ
  2. 取扱通貨・通貨ペア
  3. 取引手数料
  4. 入出金手数料
  5. 取引ツール

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

レバレッジ

まず一つ目は、レバレッジについてです。

Yobitでは、「最大100倍」の高いレバレッジを利用して、取引を楽しむことができます。

取扱通貨・通貨ペア

続いて、取扱通貨・通貨ペアについてです。

Yobitでは現在1,381種類もの仮想通貨を取り扱っています。また通貨ペアに関しても約7,677通貨ペアと豊富に取り扱っています。

日本国内では見ることのない草コインが多くありますので、気になる人は見てみるといいでしょう。

取引手数料

三つ目は、取引手数料についてです。

Yobitの取引手数料はどの通貨も一律で0.2%と設定されています。取引の形式は、現物取引のみとなっています。

入出金手数料

四つ目、入出金手数料についてです。

Yobitでは、入出金にかかる手数料が通貨それぞれによって異なります。入出金は頻繁に行う作業ですから、しっかりと取引を行なう前に確認しておきましょう。

今回は以下に、主要な通貨である「ビットコイン」と「イーサリアム」の入出金にかかる手数料をまとめました。

通貨入出金手数料
ビットコイン0.0012BTC
イーサリアム0.005ETH

取引ツール

最後は、取引ツールについてです。

Yobitはほかの海外取引所のようにサイト内部に「TradingView」のような外部からのチャートを埋め込んでいません。

Yobit独自で作成されているチャートが埋め込まれています。

ちなみにYobitに埋め込まれている独自のチャートは、以下のような仕様となっています。

  • 10分足~6分足までの5種類
  • チャートタイプ:ローソク足のみ
  • 利用可能なインジケーター:なし

このような仕様のため、しっかりとしたテクニカルなトレードが難しくなっています。ですから、外部のチャートを利用するのが懸命でしょう。

では、ここまでで一通りYobitの概要や評判は、つかめていただけたと思いますので、ここからは「口座開設」を解説していきます。

Yobitの口座登録手順

口座開設は簡単で、本人確認不要&メールアドレスのみで完了いたします。もちろん無料で開設できます。

手順は3つで、以下のようになっています。

  1. Yobitでメールアドレスを登録
  2. メールを受信して登録を完了する
  3. 必ず2段階認証を設定する

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

STEP.1 Yobitでメールアドレスを登録

Yobitの公式サイトへアクセスし、メールアドレスを登録

まずはYobitの公式サイトへアクセスし、右上にある「Registration」をクリックします。

クリックすると以下の画面になりますので、各項目を入力していきます。

Yobitの登録画面

すべての項目の入力が終わりましたら、一番下の「Register (登録する)」をクリックします。

STEP.2 確認メールを受信して登録を完了する

すると、下記のように登録確認メールを送りましたと通知が表示されますので、メールを確認しましょう。

登録確認メールを送りましたと通知

メール内にありますリンクをクリックすると、下記のようにメールが確認できましたと表示されますので、これで登録完了です。

メールが確認できました

STEP.3 必ず2段階認証を設定する

2段階認証は必ず行なっておきましょう。2段階認証では「Google Authenticator」の使用を推奨されています。

スマートフォンをお使いの方は、事前にインストールしておきましょう。

先ほどの登録完了画面の「switch on」をクリックすると、下記の画面になります。

Google Authenticator

ここから「Google Authenticator」の2段階認証の設定を行いましょう。

Yobitの注意点

最後にYobitを利用する上での、注意点を解説して終わりにします。注意点は、以下の3つです。

  1. 日本語に対応していない
  2. 日本円が入金できない
  3. スマホアプリがない

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

日本語に対応していない

まず一つ目は、日本語に対応していないこと。

こちらはこの記事内で何度か出てきた内容ですが、Yobitで対応している言語は「英語」「中国語」「ロシア語」の3つで、日本語には対応していません。

このことは、日本人からの評判がよくない一つの原因になっています。

とは言っても、難しい長文があるわけではありませんので、ある程度の単語を理解していれば、問題なく利用できると考えています。

何かトラブルがあったときにも当然英語が必要となってきますが、そこは慣れていくしかないありません。

日本円が入金できない

二つ目は、日本円が入金できない点。

とはいえ、海外の取引所はほとんどすべて日本円での入金ができませんのでここはさほど大きな問題ではないでしょう。

国内のcoincheckやbitFlyerといった取引所からBTCを送付することでYobitで取引が可能になります。

スマホアプリがない

最後三つ目は、スマホアプリがないこと。

Yobitは、現状ではスマホアプリに対応していません。

BINANCEをはじめとした人気の海外取引所ではスマホアプリに対応しているところが多いこともあり、ここは使いやすさといった面から見て少しマイナスになっていると言えるでしょう。

これからの時代はスマホで仮想通貨投資を簡単にできるといった要素も、顧客獲得には重要な要素となっていきますからここは今後のYobitの動きに注目しておくしかありません。

Yobitのまとめ

この記事では、Yobitの評判・セキュリティと特徴やメリット・デメリット、さらには口座開設まで色々と解説してきました。

最後に、もう一度Yobitの「メリット」と「向いている人」をおさらいしていきます。

そして、Yobitに向いている人は以下の3つに当てはまる人です。

  • より多くの仮想通貨を取引したい人
  • 仮想通貨投資を楽しみたい人
  • 英語でも問題ない人

Yobitは日本での知名度・評判はあまりありませんが、世界的な仮想通貨取引所の一つとして数えられています。

数多くの取扱通貨やト草コインがあるほか、いろいろな方法で仮想通貨を獲得することができます。

またYobitはこれまで目立ったトラブルがなく、不安視する声はあるものの2段階認証は取り入れていますので、少額で楽しむにはオススメの取引所となっています。

海外の仮想通貨取引所ということで、少し不安に感じていた人も、今回のこの記事を読んでいただければ、少しは不安が解消できたのではないでしょうか。

口座開設はメールアドレスのみで簡単にできますし、ぜひこの機会にYobitへ口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

海外仮想通貨FX/ビットコインFX総合ランキング

結局、どこの取引所が良いの?

安心してビットコインFXができるのはどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの取引所ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

取引所選びにおいて非常に重要な5つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの取引所を紹介しています。

ぜひ、取引所選びの参考にしてみてください。